序文

恵まれた才能を生かし、一流選手として名を馳せた人。

その一流選手達は言います。
基礎が大事だ、継続することだ、と。

一流選手の中でも、長い間君臨する人と、一瞬で消えてしまう人がいます。

一瞬で消えてしまった人に対しては、こう言われます。
—— 運が悪かった、体制が悪かった、時代が悪かった。

しかし、真の理由は「基礎力がなかった」ことにあるのではないでしょうか。

では、基礎力はどのように身につければいいのでしょうか?

たとえば、クラシック音楽の世界では、学習メソッドは確立されています。
一般的な教則本にしたがって基礎練習をコツコツ続ければ、誰でもある程度のレベルまで達することができます。
才能のある者にはその後の輝かしいコースも用意されています。
長いクラシックの歴史の中で繰り返し練られてきたメソッドの存在は大きいと思います。

対してモータスポーツ、特にロードレースはその域まで達していないといえます。
この世界でのメソッドはまだ確立されているとは思えません。
当然練られてもいないと思います。

このサイトでは、「基礎とは何か」をもう一度、見直します。

ノンフィクションライター・沢木耕太郎の『一瞬の夏』のようなことは、モータースポーツの世界にも存在します。
能力があるのに思った通りの結果が出せないことが続くと、焦りを感じるようになります。
さらに、かさむ投資額、将来への不安、負傷など、様々な要因がプレッシャーとしてのしかかってきます。
そして次第にモータスポーツが楽しめなくなっていく。
満足のいくエンディングを迎えられる選手は限られていきます。
引退後も、実際の成績よりも良い結果が残せたのではないかと後悔が募ります。

ロードレースが好きで始めた選手、またその関係者達に等しく機会が訪れ、幸せなエンディングを迎えられるように望んでいます。
このサイトがその一助になれば幸いです。

2013年1月吉日

本文へ

#鈴鹿8時間耐久

ピックアップ記事

HMV検索
検索する

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


ブログランキングならblogram チケットぴあ
ページ上部へ戻る