ドライビングテクニックという、うまく運転する方法はすでに世に情報があふれてます。
しかしならが確信をとらえてないというか、ちょっとうわべっぽいので一言。

レース向けっぽく書いてあったとしても、一般走行も同じと思ってください。

ドライビングテクニックは何のために必要かというと、要は「目的を果たすこと」のためにです。
「一番でフィニッシュする」とか、「誰かに勝つ」とか、「旅行に楽しく行って帰ってくる」とか、「うまそうに運転する」とか「けがしてもいいから誰よりも速く」とかです。 よね。

で、とりあえずここのサイトでのキーワードは「目と脳を鍛える」、その結果は「安全」と「人よりうまく走れている」です。

知識と経験からくる「安全と安心感」、「絶対的な技術」を身につけられるようにするとよいと思ってます。
スーパーテクニックではなく、間違った解釈の修正と、基礎の大事さを説明していきます。
思いっきり基礎的で当たり前のことの羅列がだんだん功を奏してくると思ってます。
それでは功ご期待を。

2013/1/13追記
タイトルを「ドライビングテクニック」から「二輪ライダーのためのドライビングテクニック」に変更しました。
本サイトが、二輪ライダーのライディングテクニック向上に主眼をおいているからです。
二輪ライダー向けなのに「ドライビング」なのはライディングテクニック向上のためには四輪のドライビングテクニックを理解・習得することが近道の場合もあると思うからです。
四輪ドライバーの方にも有益な情報と思いますが、二輪の用語やテクニックが出てくるし、四輪界では当たり前のことをわざわざ書いているかもしれないので誤解のないようにタイトルを変更しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 今年のマルケスに勝てると思っている人は少ないのではないでしょうか? (負傷していないマルケスのこと…
  2. タイヤのトラクションとサスペンションとしてのタイヤ
    タイヤのトラクションとサスペンションとしてのタイヤ MotoGPの凄さ 最近のラ…
  3. 洋書のKindle本を全文Google翻訳する方法 簡単にできないとか言ってはいけない例です …
  4. 街乗りでの停止の仕方です。 特に同乗者がいるときには有効です。 ほとんどのドライバーは車を停…
  5. この例が実践に役に立つかはともかく、走行中の頭脳は平時よりおバカです。 その場の判断ではなく、机上…
  6. イエローカードの憂鬱(トライアル世界選手権)
    イエローカードの憂鬱(トライアル競技) 鈴鹿の全日本ロードレース選手権ではなく、もてぎの2016 …

その他, テクニック, メンタル, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »