もともとは四輪のドライビングねたなので広く誰でも、と思っていましたが、やはり内容がピンポイントすぎるような気がしてきました。
対象はズバリ二輪のレードレースライダーを育てるトレーナー向けとします。
三人面倒をみたら国内チャンピオンを一人排出できる、優勝請負人を目指す方のブログという想定に変更します。

なぜ三人に一人なのかは、運とか、ご時世とかいろいろ実力だけでは思う通りにならないからです。
なぜ想定なのは何を書くか決めてないからです。
なぜトレーナー向けなのかはライダーは小難しいことは嫌いなような気がするので、トレーナーの言うことだけ聞いて実践するほうが現実的だからです。
なぜ国内チャンピオンを排出できるかの根拠は、まだまだ二輪のロードレースには埋もれたタイムがあることと、制度・安定度を高めることができると思っているからです。

もちろんライダー本人も、一般道のみのドライバーもどうぞ、です。

※追記
白黒はっきりしているのでレース向けテクニックの話で進めます。
レース向けのテクニックを通して、一般道を含むドライビングテクニックにも適応していただけたら幸いです。
レース向けのテクニックはWikipediaによると「サーキットテクニック」と言うらしい。
自分的には「レーシングテクニック」のほうがしっくりくるがwikipediaにはその言葉はない。
まさか福田照男が初めて使ったというわけではなかろう。
しかし「サーキットテクニック」なんてたぶんレースしたことのない人が付けた名前のような気がする。全然なじまない。

なので正しいタイトルは、二輪ライダー向けの、四輪サーキットテクニックとドライビングテクニック」です。
二輪のライディングテクニックは、極力ここでは触れないようにします。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その4 そろそろ立ち直って欲しかったの…
  2. 接近することがポイント
    レースにたらればはない よく聞く言葉ですが、使い場所が違います。 結果は結果…
  3. マシンセッティングのためのステアリング操作一覧 マシンセッティングを行う上で欠かせないことに、ライ…
  4. ノーブレーキ走法 キース・コードの『Soft Science of Roadracing Moto…
  5. 最近のヘッドフォンはブランドが一目でわかるようデザインされています。 このことは、アスリートに…
  6. 普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思って…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »