バンキング時のトリガー・アクションとしてステップの踏み込みはあまり得策ではないと前回お伝えしました。

あまり物理的な方向とマッチしていないからです。
では改めてステップはどう動くか感じ、そしてどうやればバンキングが効率的に行えるようになるか、トライしてみましょう。
方法はいくつもあると思いますがここではその一例を示します。

  • バンキング時の軌跡を感じる練習

まずハンドルで感じましょう。
適切な場所でスラロームや、8の字走行をしてみます。
その時のハンドルの動きを注目して軌跡を観察しましょう。
オフロードのようなアップハンがとても分かりやすいです。

直立からの倒し込でもアウト側のハンドルは上方の動きがあり、
イン側のハンドルの初期の動きは、主に横方向ではないでしょうか?
感じ方は胴体の動きや、リーンイン・リーンアウト・ハングオフ等のフォームにより変わってくるかもしれません。
どうせなのでいろいろ試して動きを感じ取りイメージしておくとよいでしょう。
そして、スラロームとかをハンドルの動きを感じつつ、いろいろな走法やフォームで走ってみると、
逆操舵・順操舵・キープ、等を実は使いまくっていることも実感できると思いますので確認しておきましょう。
場面により、強力にハンドルをこじっている時があることも。

注意点は腕の動きに余裕を持たせましょう。
突っ張っているとよくわからなくなります。

中心点がぼやけてよくわからないと思います。
そこで中心点を地面の奥にイメージし、Rを大きくしていくとピッタリはまるポイントが出てきます。
そこが中心です。
フロントよりリアのほうが、はっきりと地面の奥なことがわかりやすいと思います。

慣れたら足(ステップ)についても観察しましょう。
自身が普段どうやっているかも。
そしてどうやれば効率的かも。
その際には腕・脚・胴・重心のずれ・慣性・時間差等を使いまくっていることも確認してください。

実はバンキング時のイン側のステップ荷重は、加重ではなくて抜重では?
ってなってくれるとうれしいのですが、正解は一つではないので自身で確立しましょう。

応用編として、前後のサスの動きをコントロールするような、
ハンドルさばきと重心コントロールも試して、
サスをコントロール出来る範囲を把握しておきましょう。

 

最後に、ステップによる逆操舵でのバンキングを試してみましょう。

  • ステップでの逆操舵の方法

「バンキング時にイン側のステップを踏み込む」の反対の動作をします。
バンキング時にアウト側のステップを踏み込みます。
実際にやってみればわかりますが、アウト側のステップを正しく踏み込むと、
思いっきり勢いよくイン側に倒れます。
で丁度良いところで、これ以上倒れるのをやめさせます。
具体的には外側の足をごく短時間踏ん張り、その加重による反動でコーナリングフォームになるべく、他の胴体や重心をずらす感じです。(外側の足以外の抜重加減が肝です)
ステップの踏込を派手に行うと逆操舵ですが、
逆操舵にならないくらいの微妙な重心の変動でもバイクは倒れだしますので、
「操舵なしの操舵」も可能でしょう。
※実際には少しハンドルを腕かステダンでキープしていると思いますが。

 

これで、
バンキング角速度が少しでも早やまれば、
コーナーの実質のRを大きく出来ることになります。

バンキング速度は変わらなく、タイムアップもしなくても、
疲労度が少しでも減れば勝率はアップするかもしれません。

では

二輪ネタでした。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 二輪のライディング書のバイブルといえば、キース・コード (著), 小川ヨーコ (翻訳) の「ハイスピ…
  2. ジムカーナの旋回・立上りは他の競技と違いぬるくありません。 グイグイ曲がって、ドピュッと立ち上がり…
  3. フロントゴケが止まらないー後ろ乗りと逆操舵 状況の悪化は賢者にとって朗報である フロントタイヤが…
  4. 諦めるのは… マシンの動きをコントロール下に置くこと諦めます。 他にやることがあります。 …
  5. コーナリングにおける左右の手(腕)の役割について考えてみましょう。 自身の重力をステア…
  6. ハチ擦り走法
    転倒の仕方と峠の膝擦り小僧乗り 転倒の仕方の練習 GPライダーに限らずロードレースのライダーは(…

コーナリング, テクニック, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »