勝つための走り方(神のなり方) 待つ (の補足)

前回の投稿の意味がわからなかった方。

読み返したら自分でもわかりませんでした。
何を言おうとしていたのか、具体的な例を書きます。

「待て」と言っているのは主にステアリング操作です。
ステアリング操作を行ったら、
その瞬間から旋回を開始するのを期待するのではなく、
「予想した結果が現れること」を待てというです。

曲がるための操作をしたら少しだけ待ってあげます。
そうすると諸条件が整ったところで期待通りにことが運び出します。

以前にも触れたことですが四輪で試すとわかりやすいです。
ソーイングするとよりわかりやすいです。

二輪だと切り返しで顕著です。
高速シケイン?とか。
doohan-at-seca
如何に無駄に力を入れていたかが体感できるまで試してください。
慣性と、ステアリング操作が入り混じるため分かり難いのですが、
力ずくで行っている操作を別の方法に切り替えられたら楽になります。
ライディング(テクニック)そのものを
別の方法に切り替えることが必要かもしれません。
此処でこそ当て舵(逆操舵または順操舵)とかを取り入れてみましょう。

さらに、「ステアリング操作的に旋回を開始する」のではなく、「慣性的に旋回をする」感覚をつかむことも出来ます。
タイミングを選べばステアリング操作を以前より激減させることができるかもしれません。

これはステアリングだけでなくすべての操作において成り立つことです。
さらに精神的にも、待ち時間を見積もることでの精神的な負担減は、相当なものだと思います。

結果的に以前より「少し」の操作で同じ効果が発揮できるようになってきます。

この事の一番のメリットはリソースにやさしいことです。
「肉体的に疲れない」と「精神的に疲れない」と「タイヤなどの消耗品にやさしい」ことです。

以上
前回の補足でした。

ランダム記事

  1. クイックにターンインできる方は要注意。 気を抜くとフロントタイヤへ…
  2. さすが低速、好き放題できます。 礼儀正しく慣性待ちするとタイムロスなので、 速く走るためには結構…
  3. ライダーはバイクからグリグリ落ちて、バイクはそれをグイグイ拾うのです。そのためにはライダーが落ちてい…
  4. トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱)
    トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱) トラクション抜け イケイケの時のライダーのアクシ…
  5. イエローカードの憂鬱(トライアル世界選手権)
    イエローカードの憂鬱(トライアル競技) 鈴鹿の全日本ロードレース選手権ではなく、もてぎの2016 …
  6. あて舵 あて舵の逆操舵は全盛期には皆普通に行っていたテクニックでした(何の全盛期?) その逆…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

ブログ統計情報

  • 1,513,149 アクセス
ページ上部へ戻る
Translate »