諦めるのは…
マシンの動きをコントロール下に置くこと諦めます。
他にやることがあります。

前回とかぶってるようですが、待つために諦めます。
結果を見ない、確認しないうちに、次のことに視線や思考やアクションを切り替えてしまいます。
見ること、確認することを諦めます。
どうしてもライダーは、基本わがままというか、頑固というか、やりたいようにやるというか、たとえば曲がるときは曲がりたいだけ曲がりたいものです。
でしょ?

で、その結果曲がりすぎてしてしまうことがあります。
また前回とかぶりますが、
指差し確認みたいなことをしていたらすべてがやりすぎになってしまいます。
せっかくのベストラインでベストな加速で立ち上がってきても、その最後のひと曲りで水の泡です。
これがどのくらい無駄なことなのかは、四輪のドライバーに聞いてみてください。
実力拮抗で、高次元で、抜くのも大変な四輪ではとにかく無駄なことを省き、数少ないチャンスが来た時に活かせるように、細かいことを積み重ねています。
二輪も同じです。
これでストレートのスピードがわずかでも上がれば平均速度=ラップタイムは大幅に向上しますし、何よりも、ストレートで抜き去る、あるいは差をつける確率が上がります。

具体的な見た目は、コーナーの立ち上がりでワイドに立ち上がるというか、直線的に立ち上がる感じです。
タイヤと路面的にはコーナーとストレートの間で目に付くような動きをなくすことです。

内面的には、指差し確認的なチェックを最後まで面倒を見るのではなく、適当に切り上げるようにすることです。
たとえばコーナーを4分の3程通過したところで、「チェック完了」にしてしまいます。
あとは適当に「視界」に任せます(視界も半眼だと尚よしです)。
具体的なコーナーの立ち上がりのラインや走法云々ではなく、諦めるだけで理想的なラインや走法にするということです。とてもエコです。
すでにその能力・実力はあるはずです。

視線的には、遠く(先)を見るようになればなるほど、
十分な周辺情報を得ているか、十分な諦めが行われいている証になります。
ある意味目をつぶっていてもできるかもしれません。

てな感じです。
コーナー立ち上がりを例にとりましたが、諦めるのは、動作の確認、状態の確認、その他考えなければいけないこと、見なければいけないこと、たちに対し必要な量や時間と減らし、その結果得られなくなってしまう確認や精度を諦めるということです。

そしてその結果得られるものをレースにつぎ込みます。

得られるものは前回と同じ
「肉体的に疲れない」と「精神的に疲れない」と「タイヤなどの消耗品にやさしい」ことです。

一番の間違いは練習とレースを混同してしまうこと。
練習が「確認」と「反復」とかだとしたら、レースはその「発表会」。
と思ったら大間違い。
「発表会」の位置づけは練習のいっかんだと思います。

練習は、レースで自身のポテンシャルをうまく発揮させるための気休め。
レースでは「勝つための戦略だけを考える」ようにすべきだと思います。
そして、次の練習も、レースで「勝つための戦略だけを考える」
ことができるよう技術的な、肉体的な、金銭的な、精神的な、
その他の何かに対し、何かを行い気を休めます。

このように考えると、いくら練習や予選が悲惨だったとしても、あくまで気休め。
決勝は新しいすがすがしい一日として迎えられるでしょう。※

次回は
選ぶことです。

引き続き、あまり役に立たなそうに思えることを書く予定ですが、
「勝ち続ける人」=「大らかに重箱の隅を突っつき続ける人」 ってことで。

9b4e79c43e

※技術的に、セッティング的に、解決・決定しなければいけないことは、ライダーではなく技術者、知見者として立ち振る舞いましょう。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. それでは、勝つために、「神」になってみましょう。 最初にお断りです。 これから述…
  2. フィジカルトレーニングやメンタルトレーニングはオフシーズンにかぎらず欠かせませんね。 各々、取…
  3. シートストッパーでわかるチームの前向き加減
    シートストッパーでわかるチームの前向き加減 たかがシートストッパー、されどシートストッパーなお話の…
  4. 少なくとも「ライントレースの練習」中は、自分で走りやすいラインを考えて作るのはやめましょう。 なぜ…
  5. ブレーキ装置のついていないダートトラッカーではまさしく右手一本にすべてが託されています。 ここ…
  6. ミシュランとブリジストンとの違い
    ミシュランとブリジストンとの違い 早々にレースタイムで走れることを証明してしまったミシュランですが…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »