パッシングするときに適したフォームがあります。

ポイントは二つです。
・成功率
・転びにくさ

当たり前といえば当たり前ですが、通常の走行時より神経を使うことが必要となります。

具体的には、
普段よりリーンウィズ気味のフォームにします。
普段より背中を丸めます。
普段より体を柔らかく、一点に集中しないようにします。
そして普段より、より半眼にします。

目的は、バイクのリーンアングルを増やし、
オーバースピードによるスライドに備え、
接触による外乱に備え、
予想できない展開に備えるためです。

パッシングする側は、計画的でもあり、十分準備してきてアタックしてきます。

パッシングされる側はというと、いきなり、タイミングも位置もわからず突然訪れます。
突然ではない場合でも神経がすり減っています。

パッシングされる側で重要なポイントは、体が硬直してしまわない準備とポジションが必要となります。
こちらは様々なパターンが考えられるので、各自の工夫が必要でしょう。
ワタシなりの私見では、シュワンツ乗りが良いのではないでしょうか?
シュワンツ乗りは「ノリック乗り」を後ろ乗りにしたような感じです。
前乗りすることで物理的な後ろ乗りにします。
理由はパッシング時に絡んだ時の、アウト側のライダーのフロントゴケは想像もしたくないからです。
ランディ・マモラのマモラ乗りは逆に(予想通り?)危険だと思われます。

なぜパッシングする側、される側でこれらの走法が良いかというと……

ところで、最近流行りのひじスリ、日本人にはちょっとよろしくないと感じています。
これらを含めて、次回書いてみます。

パッシングするときの参考にすべきライダーはというと、
まんままるけすです。

これにセナ乗りを加えるとさらに良いとおもわれ……

では。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 2016年ロードレース世界選手権MotoGP アルゼンチンGPのQ2のマルク・マルケスの転倒シーン3
    「マルケスばりのバランス感覚」を身に着けよう マルケスが並み外れたバランス能力の持ち主だったとして…
  2. 形状や構造が違うのではなく単純にタイヤのコンパウンドがソフトとハードでの違いを考えてみましょう …
  3. 脳は高速で走行すると処理能力が落ちるといわれます。3割とか。 (どこかに正確な情報があれば教えてほ…
  4. 通常の切り返しでは、ステップに対し踏ん張ることで、上体(腰回り)の移動を行うきっかけとしています。切…
  5. クラウンR値は、通常タイヤ接地面のグリップの分布を決定づけます。接地面のグリップがシングル・クラウン…
  6. 集中力の使い所 RR>ストレート 転倒パターン ライバルに追い上げられてハードな時、あるい…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »