タイトルのとおりです。

マルケスにしろペドロサにしろ、皆さん後ろ乗りです。

ヘルメットが前にあったら前乗り、と言うのはちょっと。

(ノリックと昔のシュワンツは前乗りです)

 

またがってみるとわかりますが、HONDAのマシンのホールディングの要はタンクです。※

タンクの滑り止めシートが重要なポイントです。

 

ヘルメットが前にあることの利点は、手の荷重を抜けば抜くほどタンクの接点(お腹とか膝)とステップがホールドされることです。

リアの滑りに対しライダーの腰回りとシート間のトラクションが抜けないことです。

スライドに対応しやすいと思います。

更にいうとフロントの滑りを考慮した場合はフロント周りは抜重状態でないとコントロールできません。お釣りは厳禁だからです。

ヘルメットは前にありますが、手の荷重加減はほぼゼロでしょう。

繰り返しますが彼らを前乗りというのは止めましょう。

彼らのインタビューとかちゃんと読むと後ろ荷重を重視していると思うのですが。

 

 

実際にはターンインの作用点はシート付近で、素早いターンインにより素早くリアにも荷重がかかる理想的な前後荷重で、ライディングの特徴としては後ろ乗りというのが適切でしょう。

深い前傾姿勢を取るのは、より深く曲がりこみたいときにシートやステップよりも、無駄なサスの沈み込みが発生しにくいから、と想像します。

それにリアのスライドコントロールの手法として上から抑えこむ系がありますが、それの逆のやり方、これ以上物理的なバンク出来ない、させたくない時の仕方ない系で、前乗りしたいのではなく他に重心移動できるものがないだけだったり。

問題は見た目後ろ乗りと言ってもピンと来ないことでしょう。

 

 

 

次回、後ろ乗りのマルケスに勝つための後ろ乗りの仕方を書いてみます。

 


RC-Vの場合はタンクではなくシェルターと呼ぶようです。

 

26pedrosa,gpjerez_ds-_s1d7359_slideshow


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. リアブレーキとチェーンによるアンチスクワット効果 「加速時にリアサスペンションは伸び上がる」は間違…
  2. ライダーのチューニングの仕方 (ポテンシャルとパフォーマンス) 好調の秘訣 エンジンは、気温…
  3. キース・コードと遠藤保仁の使い方 手元に2冊の書籍があります。 この2冊の書籍はとても対照的…
  4. スタートで遅れるとグリッド順位に関係なくテンションが下がる(応援者談)。 せっかくのグリッド、…
  5. イエローカードの憂鬱(トライアル世界選手権)
    イエローカードの憂鬱(トライアル競技) 鈴鹿の全日本ロードレース選手権ではなく、もてぎの2016 …
  6. マシンセッティングの出させ方 サスセッティングの前途多難さ 前回何気なくHRCのセッティングのペ…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »