バイクライディングの基本の基ネタをしばらく投稿します。

 

いままで、1年間にわたり「ロードレースでチャンピオンになるぞ」向けのネタを書いてきました。

なぜ私ごときがかというと、才能のあるライダーには見えない本質が、才能のないあまのじゃくには見えたりするからです。

なぜ四輪を例にした説明かというと四輪のドライビングテクニックが高度であり、明快であり習得も目に見えるからです。
二輪の技術的解説書がとてもあやふやで、技術の習得・上達には不適切と思われたからです。

その結果具体的な二輪の走法はほとんど触れてないのと、あってもまとまっていませんでした。

そこで新カテゴリー「基本の基」として二輪ネタで、なおかつレースで勝つことを使命としていない、普通の街乗りライダーにも耐えられる内容で書こうと思います。

それでもごく一般的な、正統的な走法、テクニックはあまり触れません。他にわかりやすく、手取り足取りのサイトが多数あるからです。

それらの優良サイトと、本サイトの両方を参考にしていただければと思います。

それら優良サイトの存在を知りつつ、それでも書くのはそれなりに思うところがあるからです。

内容の割にめんどくさいことは制作サイドとしては書かないほうが得策で省かれていたりするからです。

この重箱の隅に本サイトでは重点をおいて説明します。

それに解りやすい解説と、正しい事実が大きくかけ離れていることが目につくからです。

著者の目的と読者の目的がかけ離れていることもあるからです。

安全を手に入れたいのかテクニックを手に入れたいのかで書かれる内容は大きく異なりますが、それぞれの視点での解説が必要です。

テクニックはレースから生まれますが、そのまま一般ライダーにフィードバックできるとは限らないこともあります。

例えば、ジムカーナでアイドリングの回転数を上げたり、ハンドルロックを調整したりとか、市販の状態からさらに手を加えることを利用したテクニックや、ロードレースで、1時間持たないスリックタイヤとか、バンク角確保のために1時間乗っていられないステップ位置のバイクを町乗り用にフィードバックされたりとか、あまり実用的ではないテクニック、実装は、そのままでは普通の市販車での町乗りライダーにはほとんど実践に役立ちはしません。

ということで、

いわゆる勝つためのレーシングテクニックからバイクマター(バイク側に実装されたテクニック)を削除した、
街乗りで使えるテクニック、情報をお伝えしたいと思います。

 

 

誰かに勝つのではなく、自分に勝つ。

誰よりも速くではなく、誰よりも安全に。

バイクマターではない応用のきくテクニックを。

をモットーに。

 

ジムカーナ系、ダートトラック系、ロードレース系を紹介します。

順序はランダムかもしれません。

 

以前書いたネタと全く同じだったとしても、スルーしてください。

それと残念ながらモトクロスなどのジャンプ系は一切触れません。

バランス系は才能が必要であり、私はもともと才能系ではないからです。

 

街乗りにロードレースなどのレーシングテクニックは不要では? と思われるかもしれませんが、

ロードレースで培われる高度なテクニックが、こと街乗りに正しくフィードバックされた場合は、

より安全になり、ついでに楽しく走れることでしょう。

 

 

ではでは

 

お手本中のお手本(ウィンレイニー)

お手本中のお手本(ウィンレイニー)


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. イン側に割り込むということ 野放し禁止 絡めば絡むほどよろこんでじゃれまくり。 本人は手加…
  2. とかく、回避策がないと簡単に片付けられてしまうハイサイドですが、当事者はそんな簡単には割りきれません…
  3. サーキットのコース攻略において大事なのがコーナーのライン取り。 初心者はもちろんのことそのコー…
  4. クラウンR値は、通常タイヤ接地面のグリップの分布を決定づけます。接地面のグリップがシングル・クラウン…
  5. トラクションを駆動力の意味と訳すと誤解が生じるのでトラクションをかけることを「もう一仕事してもらう」…
  6. スタートダッシュのコツは重心?腕?感性?それとも… (キースコード的)
    ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで行われた、 第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »