ジムカーナはバイクの基礎練習にすごく適していると思うので万人にお勧めします。

ジムカーナそのものは競技でありタイムトライアルなのですが、入り口の敷居が低いので、競技目的である必要は、まるでありません。

お勧めの理由は、バイクはもともとバランス感覚が必要な乗り物ですが、このバランス感覚を万人が安定して手に入れることができると思われるからです。

なぜ手に入れられるかというと、ジムカーナそのものの習得に時間がかかるからです。

習得している間にそこそこのバランス感覚が身についてしまっているという優れものです。

これは大事なことです。

ジムカーナは練習そのものが他のジャンルに比べ安価に気軽に行えるのです。
他のジャンルは、バランス感覚を持っていることが前提条件だったり、習得するのに大変な労力や痛手や出費や長い時間が必要だったりするからです。

さらに ジムカーナでは、フルブレーキ、フルバンク、フル加速など通常ではなかなか実行する機会がないことを、あっという間に体験、そして身に着けてしまいます。このことのメリットは計り知れません。

ついでにバイクに関連する理論が当てはまらないというか、固定観念を覆してくれたりするので頭が柔らかくなります。

例えば、バイク乗りが好きなキーワードに「究極のコーナリング」というのがあります。

よくある回答として「究極のコーナリングとは前後のタイヤのパフォーマンスを100%使いこなしている状態の時のことだ※1」というのがあります。

なんとなく納得してしまいそうですが、これは決して100点満点にはならない条件付きの回答です。

上記の回答の得点は速度に比例しています。
速度が速ければ速いほど満点に近づきますが、街乗りの時速100Km 以下のスピードでは、そもそも高得点となるか疑問です。まして速度が低速になるにつれ限りなくゼロ点に近づいていきます。

極低速の場合、ブレーキターン、アクセルターン、前乗り、後乗り、エアターン、マックスターンのほうがはるかにましです。

これはコーナリングの要素にはもともと摩擦のほかに慣性があり、慣性は速度による影響が大だからです。

街乗りレベルのスピードでは慣性をどのように処理するかが重要で、タイヤの存在は邪魔者な場合があります。

前後のタイヤのパフォーマンスを使い切る必要なんてないのです。前後のホイールベースが邪魔なだけです。※2

ジムカーナでは前後ではなく前か後ろかのどちらを起点に使うかが論点だったりします。

 

走法的にも、フルロックしてしまうとか、クラッチを切ってしまうとか、他のジャンルでも魅惑的な走法が好結果を生みだしたりしています。

 

また、もともと全然実感のない「ニーグリップ」、スクーター全盛の今となってはまるで説得力がありませんが、これも白バイ隊員や、バイク走法指南権保有者たちがジムカーナなどをやってたりすることを鑑みることで納得がいったりします。

ただし口上とは裏腹にニーグリップは「安全」よりも「タイムアップ」に貢献していたりします。

 

そんなこんななジムカーナ、

是非とも機会を作り、参加、体験、練習、習得することをお勧めします。

 

それでは次回から具体的な走法について紹介していきます。

次回はフルブレーキです。

 

 

白バイ隊員がハングオンをしないのは、ステップ位置が低いためマモラ乗りになってしまうから。だけではありません。

白バイ隊員がハングオンをしないのは、ステップ位置が低いためマモラ乗りになってしまうから。だけではありません。

 

※1
この場合、タイヤのポテンシャルの100%を超えて130%の時のことをパフォーマンス的に「100%使いこなす」ことだと理解してください。

※2
実際は、ほとんどの場合、前後のタイヤ両方を(割合はともかく)酷使しています。


ジムカーナについては、Wikiを参考にしてください(本サイトはバイクが対象です)。

 

 

関連記事

MotoGPをライブで


G+では2017年マルチスクリーンライブタイミングを無料提供!

ランダム記事

  1. ハンドルをこじる - リーンアウトの仕方と使い方 リーンアウトが基本の基だとして、そのやり方と、そ…
  2. ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論 ナンバ走りとは ナンバ走りとは…
  3. ドゥーハン仕様の左ハンドルリアブレーキは散々試したにもかかわらず浸透しなかったらしい。 なんてこっ…
  4. ノリック乗りをしてフロントタイヤを一定のキャンバー角で旋回しましょう。そしてその時のコーナーの状況に…
  5. 洋書のKindle本を全文Google翻訳する方法 簡単にできないとか言ってはいけない例です …
  6. それでは、勝つために、「神」になってみましょう。 最初にお断りです。 これから述…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,264,600 アクセス
ページ上部へ戻る