同じことをしても「伸びるものも伸びなくなる」ということです。

「コーナリング中のハンドル(ステアリング)は一定に」とか、「ラインをトレースする」とかいうドライビングテクニック論が当たり前のことのように日常交わされていると思います。

後々、ここでもそのテクニックの重要性をお伝えしますが、その前にぜひ皆さん、次のことを忘れないでください。

「コーナリング中のステアリングを一定に」して走っている時はそのマシンのポテンシャルを、使い切れていません。
例外は完全なパーシャル状態の時ぐらいです。※1

「ラインをトレースする」ことができている時は自身のポテンシャルを、使い切れていません。
例外はたまたま使い切った時です。

マシンのポテンシャルを使い切ったステアリング操作は、次のようになります。
ステアリングを徐々に切って徐々に戻す。

読み飛ばされそうななのでもう一度。
ステアリングを徐々に切って徐々に戻す。

イメージとしては「車速に合わせてステアリングを切る」と言えば分りやすいでしょうか。
実際は車速だけではなく、ブレーキなどによる減速、パワーオンによる加速に加え、慣性や様々な抵抗、その他多数の要因が様々な方向から作用している力に対し最適なハンドルの操作をしていきます。
「理想は円を描くことだ」なんて机上だけで現実にはありえません。
ラインを論ずることと、実際に高次元で走ることとは別だと思ってください。

切ってから戻すときには場合によりすぐに戻さすその状態をキープする場合もあります。
この状態の時のことを「コーナリング中のステアリングは一定に」と呼んでもいいですが、切っている時間、戻している時間のほうが長かったりします。

コーナーはいつでも真円ではなく、複合だったりするのでちょっと切って、また切ってというのも実在します。
ライン的にはワンアクション的なこともよく書かれていますが、現実的には複合ラインを走れるようにすることのほうが重要です。
一定にという意味では、微調整しないで思った通りに切ってみることは重要です。

「ラインをトレースする」はマシンの重量や路面抵抗、減速、加速の仕方すべてレコードラインと合致することもあるでしょうが、「やってみないとわからない」ことでやはり現実的ではありません。
ラインを考えるうえで大事なことは「トレースする」ことではなく、どのポイントでどのくらいのスピードで、どこを向いているかに尽きると思います。
確かにラインを思い描くと分かりやすいため、いろいろな場面で活用すべきですが、出来上がったラインの、一人歩きはNGです。

ここまでよろしいでしょうか?

そのうえであらためて
「ステアリング中のステアリングは一定に」と
「ラインをトレースする」の練習法について述べます

これは他で論じられている目的ではなく全然別の目的を持った練習です。
風景を焼き付ける練習と、スピード感を身に着けるために、これを練習しましょう。

では。。。

※1
四輪は結構な時間、定常円旋回な時間が長いと思います。ドリフト中も一定の速度の方が楽ですし。
対して二輪は若干走りの次元が低いため、一定速度で走ることは少ないです(減速してしまうか、加速した方が速いため)。
言い換えると、完璧な走りが出来ているときは一定の時間が長くなります。
完璧でないときは、スピードの調整を行った方が効果的と思われるため一定な時間は少ない方が自然です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ソッポをむく【外方を向く】【そっぽをむく】 問題が生じたときに、あたかもなかったことのようにふる…
  2. またまたダルマ走法 またまた、マルケスがマレーシアGPでフロントスリップからスリップダウン…
  3. 例えばいざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。見…
  4. その心地よい響きとともに、ひとたびそのエリアに入り込みさえすれば幸せが舞い降りると思われているスリッ…
  5. レースの観客というのは非情なもので、高度な技術だけではなく、適度な失敗を楽しみにしていたりします。 …
  6. マルケスの接触・転倒 2015 アルゼンチン MotoGP 決勝でのマルケスの行動(ライディン…

コーナリング, テクニック, メンタル, ライン, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »