峠の下りコーナーで曲がりきれなさそうでヒヤリとしたライダーに朗報です。

ダートトラックのブレーキングをマスターしましょう。

一般的にダートトラッカーにはブレーキがついていなかったりします。

そんな中ダートトラックレースはブレーキングが必要な競技だったりします。

 

ダートトラックの練習はやはり人体の都合上、ミニバイクをお勧めします。

その理由は、初心者レベルのダートトラックっぽいコーナリングの次元では転倒時の落差が大きいからです。

乗りやすいとか向いているなどと言う以前に体がもたないからです。

とにかくなるべく低いバイクで行うことをお勧めします。

 

最初にも触れましたが、ダートトラック競技はブレーキングをしない競技のように思われがちです。

しかし実際にはエンジンブレーキや慣性によるスライドなどの抵抗によるブレーキが行われています。

ということでブレーキングの練習と割り切ることが重要です。

割り切らないと、通常のダートトラックの練習方法だと体が持たないというか長時間、長期間続けることが危ういです。

 

そこで、まったく違う練習方法から始めましょう。

 

それは、リヤブレーキをロックさせて止まる方法です。

まっすぐ走り、そのままリアブレーキを踏んで停止します。

それをひたすら繰り返します。

慣れてきたら、そのままコーナリングができるかトライします。

とりあえず曲がろうと思ってやってみます。

ひとしきりやってうまく曲がれないことが確認できてきたら、

今度はロックしていたリヤブレーキを解除していきます。

どこかのタイミングで曲がりだします。

そのうち、リリース具合でどんどん曲がりだします。

気がついたらダートトラックはリアブレーキの抵抗で曲がっているということが理解できてきます。

と、ここまでは多分無転倒でできると思います。

これを件の峠の下り坂で減速が必要になった時に応用します。

雨でもへっちゃらになることでしょう。

 

通常と異なる練習法のようなので、
実際のダートトラック競技での高レベルな走法とは異なるかもしれませんが、
見た目は十分ダートラっぽい走りができます。

また、低レベルのレースではこのブレーキターンみたいなやり方が通用するかもしれません。

とりあえずブレーキ編での練習方法はこれのみを十分に練習しましょう。

より高度な方法はジムカーナ編のブレーキが極められた頃にまた紹介します。

ダートトラックもやはり、ケニーとスペンサー

ダートトラックもやはり、ケニーとスペンサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る