ハングオンは、実はほかのどの乗り方やフォームよりも、安全性が高く、無駄なアクションも少なく、路面やバイクへの負担も少なく安定性も高い、芸術的な走法だと思います。

そのハングオンの芸術性は直前のストレートでの「おしりもぞもぞ」の精度により確定されます。

残りのアクションはその結果発表のステージにすぎません。

 

ハングオン走法の一連のアクションはストレートから始まるということです。

そうすることで、「ハングオンの一番の利点である安定性」に結びつけられます。

巷ではハングオンの仕方の説明が、ブレーキングを終了して、実際にバイクを傾けだすその瞬間から始まる記事を見かけたりしますが、とんでもないことです。
ブレーキングをする瞬間から始めているのが一般的のようですが、それもよろしくありません。

なぜかというと、このストレートでの「おしりもぞもぞ」でのポジショニングで、そのあとのアクションである、ブレーキング、ターンイン、コーナリング、これらの安定性が決定されるからです。

正しくポジショニングされた場合、残りのアクションはワンショット(一発)できめることができます。

そのあとのアクションがすべて計画された、お釣りの少ない最適な状態でスムーズに運ぶことができます。

具体的に何をどの程度するかは、この段階では説明できません。

いわゆるハングオン走法を極めたうえで、プランニングしてセッティングすることが必要だからです。

ということで一連のアクションの最初に行うことなので最初に書いてますが、
何をするかは最後に行う処理です。

手順的には、
コーナリングのフォームというか体勢が決まったら、
そのコーナリングの状態に持っていきやすいターンインの体勢、
そのターンインの状態に持っていきやすいブレーキングの体勢、
そのブレーキングの状態に持っていきやすいストレートの体勢。
となります。

 

最終的なフォームが決まった時に素早く対応できるよう、いろいろなバリエーションを試しておきましょう。

別のバイクでも試すなど、たくさんのバリエーションに素早く対応できるようにしておきましょう。

 

一連のアクションを極めないと芸術性は高まりませんが、芸術性は後回しにしましょう。

ストレートの上体を伏せた状態から、ガバッと上体を起こした瞬間にハングオンのフォームになるように練習しましょう。

この時に力の入れ具合や、お釣りの出方、その他いろいろを効率的、効果的、安定的に行えるようにします。
スロットルやブレーキレバーの握り方から内側の足の開き方とか、上体を起こすスピードとかとか、やることはたくさんあります。

右・左はもちろんのこと、低速コーナー、高速コーナー、全開のままのコーナー、ノーブレーキのコーナー、上り坂、下り坂、すべて必要とされるフォームも異なることでしょう。

ついでに、アクシデント時に備え、通常以外の体勢も、このタイミングでいろいろ試しておくとよいでしょう。

例えば侵入時にライバルと接触してしまった時などは、明らかに通常と違うトラクション事情なはずなので、当然接触前とは異なるライディングが要求されたりします。

実際に走行して練習してもよいですが、ちょっとバカっぽいので、静止状態での練習も取り入れてください。

最初は普通に静止状態でいろいろ試せると思います。

減速G的に停止状態では意味がないと思ったら、バイクを前傾45°ぐらいにして試せばまあまあ近いかもしれません。

この練習は次のコーナリングのアプローチ、というかブレーキングで行う練習のように思えるでしょうが
この段階でしっかりバリエーションを増やしておくと、次のブレーキングが本題に集中できるので、ここでしっかり試しておきましょう。

もちろん、「何も準備しない」もバリエーションの一つです。

 

著名なライダーを参考にするなら、

芸術的で何をしているかがわかりやすいのがウィンレイニーです。

芸術的過ぎて何をしているかもわからないのがマルケスやペドロサです。

とりあえずわかりやすいのは、ミックドゥーハンとかシュワンツとか平とか大柄なライダー。

小柄なライダーは逆に力に頼らないのでわかりにくかったりします。

天才過ぎて何をしているかが謎なスペンサーは参考にしないほうがよいでしょう。

 

以上、ハングオンのアプローチでした。

ハングオンはここからすでに始まっている

ハングオンはここからすでに始まっている

ではでは。

 


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 不幸にして、ストレートエンドで前走車にぴったり張り付いてしまった場合、あなたはもう負のスパイラルから…
  2. 二輪のライディング書のバイブルといえば、キース・コード (著), 小川ヨーコ (翻訳) の「ハイスピ…
  3. トラクションをかける トラクションというキーワードについては以前説明しました。(トラクションVSフ…
  4. セッティングを感じるのは、体中です。 体中ががセンサーです。 しかし、適当に走ってその状態の…
  5. しゅうちゅうりょく【集中力】 精神安定剤のように頻繁に使われるが、実際には有用なようでさほど有…
  6. ライバルを抜こうと思ったときに必要なのは? いくつかの選択肢の中から選ぶと思います。 そう、引き…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »