基本の基:ロードレース>コースアウト

基本の基:ロードレース>コースアウト

 

危険を好き好んで選んで人生を謳歌しているライダーでも、クラッシュパッドにまっすぐ突っ込むのはやぶさかである。

地面すれすれを飛んでいるときや、ゴロゴロ転がっているときは余裕がなく、運を天に任せた状態に近いのですが、まっすぐクラッシュパッドに向かっているときのライダーの気持ちはいかばかりでしょうか?

この場合、このままでは、一命を落とすこともあり、また助かった場合でも、衝突時に気を失い、正気に戻った時にはなんで気を失ったのかも思い出せないことが多いと思います。

ライダーでも思い出したくないぐらい怖かった、あるいはすごい映像だったんだろうということです。

 

 

 

今後の人生の岐路だったりするので、技を増やしておきましょう。

ライダーはまっすぐクラッシュパッドに突き刺さるときの姿を具体的に想像できないと思います。

逆に想像できるようになったらライダー人生は終わっているように思います。

恐怖でレーシングスピードで走れなくなるからです。

想像したくないぐらいの出来事なので、実際に起きたらパニックです。

レーサーの場合、気を失ったりしないのですが、それでもまっすぐ突っ込んでしまいます。

一番の理由は、その対応手順を用意していないからです。

気持ちの問題もありますが、体も準備ができていません。

ハイサイド崩れだったり、接触ではじき出されたり、ブレーキレバーがなくなっていたり……体勢も崩れていてブレーキペダルも踏めるかどうか危ういところです。

そんななか、かなりの確率で握っているものがあります。

そうです、アクセルグリップです。

今はアクセルなんて、とお思いでしょうが思い出してください。

アクセル一本でレースをコントロールする競技。

そうです、ジムカーナです。

 

それでは、ジムカーナ先生にご登場願いましょう。

 

とりあえず本能的に思うことは、できればどこにもぶつからずにやり過ごすこと。

あわよくばレースや練習に復帰。

できればまっすぐのまま停止することを最初に考え、次に進行方向を変えることでやり過ごすことができるか。

次に取り急ぎ曲がってみよう、次に転倒することできるかどうか、次に落車、最後に放棄・あきらめ。

 

まずはやりたいことができる程度に体勢の立て直しを行うことが最初です。

体勢が崩れていて立て直しが必要と思われる場面は、体がカチンコチンの時と、前方に体がのめり込んでいる時でしょう。

後方や、左右に体がシフトしてしまっている時にはそのまま転落しましょう。それが一番安全だったりします。

ダートトラックでの練習でも、落差のある転倒はとっても痛いことを痛感済みでしょう。
わざわざ、その痛いポジションに戻るのは得策ではありません。

さて、前方に崩れた体勢はブレーキでは元に戻りません、突っ張ってしまっている手もそのままでは、アクションに必要なタイミング(時差)を作るのが難しくなります、そこでアクセル全開でその状態が改善できるか検討・実施します。

 

では、そこそこやりたいことができる状態に戻ったとしましょう。

もちろん最初からその状態ならより幸いです。

さあ何ができるでしょうか。

手っ取り早いのがフロントブレーキの握りゴケ。

ただしこれはやってみればわかりますが、人というのはこの操作はやりたくないようです。

気持ちと裏腹に手は動かないと思われます。

ライダーはブレーキングのコントロールに長けてる分、この場面で握りゴケができるかどうかは微妙です。

事前に練習しようにも、直進ゴケは予測不能に危険なことを思い知るだけな気がします。

「そうなったらそうしよう」という計画が成功する確率が低いということです。

次はリヤブレーキを利用しての、リアタイヤロックによる状況改善。

まずあまり速度が落ちないと思います。

そしてそのままでは、相変わらず直進しがちです。

 

そこで、やっと本命の、できるだけ曲がろう にたどり着きます。

ここでダートトラック走法の登場です。

ダートトラックでは直線走行のうちからリアを横に振ることができましたね。

この技を意識しなくてもできるぐらい練習しておきましょう。

 

それでもダートトラックのテクニックのうち、柔軟系の技はよっぽど慣れていないと使えません。

練習でできてもロードコースでのパニック時では、体勢と気持ちが異なります。

基本、体はガチガチと思っていたほうがよいでしょう。

そこで硬直系の技も用意しておきます。

硬直系の技としては当て舵がよいでしょう。

当て舵慣れしていないライダーは、このようにしてみてください。

 

ハンドルを手で固定(リジッド)します。

どこかのタイミングで重心がずれて転びそうな感じになってきたらリジッドを解除します。

解除慣れしていなかったら、右肩か、左肩をぐるりと回します。

これで旋回が始まります。

 

旋回中のコントロールは、ブレーキだけではなくアクセルもブレーキ以上に効果的なことをジムカーナをとおして体に叩き込んでおきましょう。

 

 

アクセル全開は現実的にできないという方は、やはりフロントの握りゴケを練習しましょう。

この時は自分のハングオンとか、リーンアウトとか得意なフォームでバイクを倒すか、体だけ動かしてから握りゴケすると、わりと安全かもしれません。

 

ただし今回の説明は、あくまで一例という位置づけでお願いします。

全体的に実例も経験も、理論的にも情報不足です。

あくまで自責で。

 

 

 

悪い例として私の例を。

ストレート走行中にフロントブレーキレバーが外れてしまったことがあります(西仙台の裏ストレートエンド)。

200kmぐらいでそのままグラベルに飛び込んだのですが、アクセル全開で方向展開することができました。

しかし逆に曲がりすぎてしまい、コースに戻ってしまいました。イン側のクラッシュパッドをめがけて一直線、助からないことは明白。舗装路では方向転換もできません。結局バイクから落下という選択肢になってしまいました。

一命はとりとめましたが、左膝から落下したので、微妙な致命傷を負い、その後は左旋回腑抜ライダーになってしまいました。

加減というものが大事だという教訓でした。

 

では。

基本の基:ロードレース>コースアウト

でした。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 腕上がりに用心 スポーツ医にいこう! ダニ・ペドロサの復帰が楽しみなところですが、 腕上が…
  2. 2007年鈴鹿のケーシー・ストーナー
    マシンセッティングを効率よく行うためには、マシンの素性を知り、ライダーの素性も知り、ベーシックなコン…
  3. コースや状況に合わせて、まずはタイヤが最適な状態になるようにバンク角を適切なところに合わせ、ライダー…
  4. タイヤにはリーンウィズ用のタイヤと、リーンイン(ハングオン含む)用のタイヤと、リーンアウト用のタイヤ…
  5. コーナリングにおける左右の手(腕)の役割について考えてみましょう。 自身の重力をステア…
  6. 少しでも優位に立ちたかったら自分の視界の周りには余計なものを置かず、ライバルの視界には余計なものを置…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »