基本の基:RR>ハングオンのハン (足ブラのメリット)

ブレーキング時の上半身が定まったところで、次は腰下です。

まず腰ですが、前後的には3択です。
背筋を伸ばすか、なにもしないか、腹筋に力を入れ背筋を丸める腹筋系かです。

特にポリシーがなければ腹筋系です。
上体の、固体としてのクイックさを求める場合は背筋を伸ばしましょう。
なにもしないのは、バイクの形状に恵まれている時にはありかも知れませんが、なにかアクションを起こした時の反応が送れるのが特徴です。思いがけずスライドした時にどれが良いかは三者三様、それぞれでしょう。
何をやりたいかで決めましょう。

横方向では、なにもしないか、事前に横に移動しておくか、上体を起こす一連の動作とともに横移動の三択とします。
これは事前の計画に合わせるだけです。

次に足です。

最近のライディングを見ていると、どうもどうでもいい系に見えてしまいます。
ダートラ系のライダーの影響でしょうかね。

使い方の例をいくつか示します。

先の、腰をイン側にずらす場合に使えるか考えてみましょう。

腰をずらす場合の道具は、阿部孝夫のおなかは例外で、たいてい足です。

ここで足を踏ん張っては腰が浮いてしまう系です。
先のピッチングの例もあり、よろしくありません。

ここでイン側の足をガバっと開いてみます。ガバっとです。
開くついでに腰の移動が簡単に行えることに気がつくと思います。

事前に腰をずらしておいた場合は不要でしょうか?
いえいえ、開くことで想定した所定の位置に定めることが可能です。

ステップ

腰の話はここまでで、対ステップに関して考えてみましょう。

対ステップでは大きくは、ステップに乗せておくだけか、踏ん張るか、乗せないかですね。

乗せておくだけは簡単なので省いて、踏ん張る場合について。

これも単に踏ん張ってしまうと上体が浮いてしまうのでイン側の足を開くことでイン側もアウト側も荷重をかけることが出来ます。

これの利点は慣性の方向です。
荷重するためには殆どの場合、一時的な抜重か、どこか他の場所の抜重が必要です。
この抜重荷重における慣性は、上下よりは左右に発生させたほうが、ことブレーキング時には良さそうだと思いませんか?

踏ん張る理由ですが、通常ブレーキングそのものより、次のターンインでのアクションに使うためだと思います。

足ブラ

ここで足ブラ登場です。
イン側の足をブラブラさせておいてターンインのタイミングに合わせてステップに乗せます。
これも余計な慣性は発生しにくいでしょう。
ブレーキング開始時の色入大変なときにアクションを起こすより、割と暇なターンイン直前のほうが確実だったりします。

足ブラのメリットは此処にありました。※
(※注:足ブラする理由は他にもたくさんあります。例えばシートへの荷重とひねりとによる、リア周りの外側への押し出しです。後、足の血行を良くするためには効果絶大でしょう)

カニバサミ

対ステップ荷重では足ブラと、ガバっとは同等だとして、
ガバっとには更に利点があります。

いわゆるニーグリップみたいなバイクのカニバサミを効率よく行えるのです。
普通にステップの位置でニーグリップみたいなことを行うのは全然力が入らないので意味が無いか、尋常じゃない力が必要なことは想像がつくと思います。

が、ガバっと開きは、開いた瞬間は強力にカニバサミ出来ます。
長時間カニバサミを行いたい場合は、その時間に合わせて足を開くことで可能です。

ガバガバすれば複数回カニバサミできます。

ピクピクすればそれなりに。

1秒間に6回やれば新セナ足に…

このカニバサミの利用法は先のピッチング対策に効果的です。
カニバサミをしたうえで腰回りの慣性の行方をコントロールするのです。

慣性の方向は上下です。前回説明したピッチング対策をフロントアームと同じ要領で時間差とリジット、抜重、荷重を駆使します。
フロントアームをリジットしているときにこのパンタグラフで操作を行うと布団とアームのみでよりも、はるかに簡単に前回り、逆上がりのピッチングを作り出せます。

昔の、シート高よりハンドル高のほうが低いバイクでは、結構必須のテクニックだったかと思われます。
改めて、当時のレイニーとかローソンとかガードナーとかを見てみると、肯ける点が見られるかもです。

「ハングオンといえば」の代表格エディ・ローソン(Eddie Lawson, 1958年3月11日 - )

「ハングオンといえば」の代表格

格好いいと思いませんか?

格好いいと思いませんか?

足首

最後に足首周りの使い方です。

一連の動作で特に足を明確に何かしない場合は、踏ん張れないのが特徴です。
いいか悪いかはその時の状況次第ということで……

で、それでも踏ん張りたい時のトリガーが足首です。

足で何かをしたい場合、(多分)足の筋肉とか筋とかの何処かを硬直させておいたほうがよりクイックでしょう。
そのためのきっかけに足首を使うのはお手軽でしょう。

つま先立ちや、ステップをけるようなポジションそれぞれが、ライダーのやりたいことを具現化したものになります。
真似をする場合はそのメリットを明確にしておきましょう。

次は、ターンイン周りですね。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ロードレースにおけるハングオンは実はブレーキングのためにあります。 どこがって、唯一ブレーキン…
  2. ろうじんせいかいそうしょう【老人性回想症】(新解明国語辞典) 日々の出来事がさほど面白くないた…
  3. マルケスの接触・転倒 2015 アルゼンチン MotoGP 決勝でのマルケスの行動(ライディン…
  4. コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その3 特効薬はダート乗り ノリ…
  5. マシンセッティングの出し方それぞれ 今年は、レギュレーションも変わり、ライダーも移動があり、マシン…
  6. ハングオフからハングオンへ 一周回ってスペンサー ハングオフからハングオンへ 時代は移り変わり、…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »