さすが低速、好き放題できます。
礼儀正しく慣性待ちするとタイムロスなので、
速く走るためには結構力技が必要です。
方法は、
それだけで1年位解説できそうなので割愛します。
普通のテクニックなので他所で手に入れてください。
とにかく比較的低速・安全なジムカーナで、
できるだけたくさんのパターンを経験して特徴を掴んでおくことをおすすめします。

手抜きの代わりに、
此処では普通はやらない方法を紹介しますのでお試しください。

やるのはストレートの全開加速ポジションでの切り返し。
リーンウィズでおもいっきり体をたたんで伏せたままでの切り返しです。

切り返しや八の字を、この体勢で行います。

大きく3つの特徴に気がつくと思います。

精神的にきつい
技術的にきつい
慣性的にきつい

3Kです。

例えば、
特におしりのRより頭のRのほうが大きい時とか、
おしりのほうが頭より高い位置にある時とかは、
かなりアンダーステアと感じたり、フロント転けの恐怖を感じたりします
(ここで頭を持ち上げるとアンデーステア感が薄れます)。

技術的には、
とにかく移動量が多いことを思い知らされます。
ライダーとして悲しいことに、切り返しのアクションを体主導で行えないのです。
さらに行ったアクションが実際に切り返しの動作に入るまでにタイムラグがあります。
ジムカーナではまるで使えない走法ですが、学ぶことはたくさんあります。
特にタイヤ幅の広いバイクや、前後のタイヤ幅が大きく違うバイクで十分感覚を掴んでおくことをおすすめします。
この感覚を知ると、ハングオンのフォームがいかに理にかなっているか、人に解説したくなります。
また、ここでスクーターの走法の特徴も掴んでおくとよいです。
スクーターこそおもいっきり力技なことを、です。
おもいっきりハンドルホールドがベースであることを、です。

最後に慣性。
時計の振り子のようなものです。
クイックに切り返せば返すほど、目も当てられなくなります。
バイクはともかく、ライダーのサスペンションとか、重心位置とかの重要性を思い知らされます。
そしてバイク自体も同じような慣性のもとで切り返されていることに思いを馳せましょう。

ぜひともこの練習はやっておくことをすすめます。
ロードでの効用は、ハングオンがいかに有用か知ることはさておいても、
実際に切り返しが楽になることと、
切り返し時の物理的な移動方向を正しく知ることによる、
従来の見当違いな力技から解放されて体力温存につながることも期待されます。

では。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 二輪の話 これは広くもう行き渡ってますよね。 荷重(正確には加重)したくても体がのびきってい…
  2. ライダーはバイクからグリグリ落ちて、バイクはそれをグイグイ拾うのです。そのためにはライダーが落ちてい…
  3. カウンターアタックとカウンターステア カウンターパンチ カウンターといえば、モータースポーツでは…
  4. もし速く走るための練習中にインに張り付いたらそれは練習失敗です。そこのポイントにたどり着く前の、走り…
  5. 「ターンインは、ブレーキングの開始とともに始まり、ブレーキングが終了する前に終わる」の続きです。 …
  6. 本当に可夢偉みたいかはさて置き、 思いもよらず一所懸命考えてくれたみたいなので引き続きヒントを。 …

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »