一口にハングオンといっても目的は様々です。

まずは利点を挙げてみましょう。
・バンク角不足の補助
・上体を起こした自然体
・より遠くを見渡せる
・遠心力的に有利
・水平にものを見れる
・スライド時に有利
・転倒時に有利
・見た目に有利
・安全
・精神的平和

挙げてはみましたが、ぱっとしませんね。

 

競技目的に絞って考えてみましょう。

まず競技車両やそれに準じたバイクでは、バンク角不足を補うという理由はもはや省いてよいでしょう。

一番の特徴はバイクとライダーをオフセットさせることでしょう。
オフセットさせることでバイクの状態とライダーの対応能力に特徴や傾向が出てきます。
スライドしたときに対応やすいとか。スライドしないように限界を高めるとかです。
やりたいことや、起きてほしくないことへの準備とかです。

例えば左コーナーのドゥーハン乗りは「スライドしてもコントロールできる乗り」です。
反対に思いっきりイン側に体を入れる、例えば肘擦り乗りは「スライドしたらカシャー乗り」です(カシャーは転倒して滑る音)。
ドゥーハン乗りに比べスライド時のバンク角的な余裕がもうないからです。
だからと言ってドゥーハンはコーナリングが遅いと判断してはいけません。
「コーナリングの所要時間を短く乗り」をすれば有利に働くことでしょう。
単純にコーナリングの限界だけを求めるライディングとは、確実にラインが異なります。
侵入スピードとクリッピング付近でのスピード差などいろいろな面で異なることでしょう。

じゃあマルケスも「スライドしたらカシャー乗り」かというと、違います。
ここでマルケスの前かがみ乗りの利点が出てきます。
スライドしても下半身及び上体をスライドに追随させるだけの伸びしろがあります。
また右手のわきを締めていないため、スロットルを思いもよらず開け閉めしてしまうこともありません。

俗にいうミニバイク乗りはこれらの余裕がないため即転倒となるのです。
ノリック乗りの表面だけをまねて重心をイン側にもっていってしまう「マネッコ乗り」もいけません。
ノリック乗りは腰回りを中心とした旋回方向へのモーメントを発生させているのですが、
形だけ真似るとフロントプッシュになってしまい逆効果です。

内足荷重、外足荷重も同様に、何に有利で何に対応しやすいかを明確にするとよいでしょう。

「伸びきったり、縮きってしまう乗り」は、逆効果にならないように極端な状態に身を置く必要があります。

そんなわけで、最近のコーナリングフォームはというと
昔ながらのハングオンというよりは、ほとんどリーンウィズに近いフォームになってきていると思います。
このフォームはスライド対策、転倒対策重視でしょう。
昔と違うのはスライドしてもタイムを落とすことなく完走することが視野に入っていることでしょう。
物理的にも次元が上りより反応スピードが求められているからでしょう。

フォームが解かりやすいライダーは、ケーシー・ストーナーや清水雅弘とかです。
特にストーナーは、どの場面を切り取っても芸術的な気がします。

 

従来のフォームでは、伸びしろや、スライド後のホールド力、積極的な反応速度などにおいて不利なのではないでしょうか。
水平的な視線に関しても、最近のバイクではバランスをとることよりも、振り落とされないことを重視するのであれば、視界はどうでもよくなります。
進行方向すら見る必要なないかもしれません。
見ないほうが対応スピード上がるし。
進行方向を見るために顎を上げるよりは、下を向いてストロークを確保したほうがよっぽど転倒率に関しては有利かもしれません。

 

じゃあ、

全部リーンウィズかというと。
コース次第です。
自身の計画次第です。
ラインやライディングフォームについて考えようというのであれば、
全部できるようにして、
適材適所でそれを使いましょう。

単純な技術競争ではなく、
幅広いテクニックを適材適所を競う競技としてとらえましょう。
ということで肝心のコーナリングの細かいテクニックは何も触れずじまいで終わります。
このサイト全体がコーナリングの細かいテクニックについてだったりしますし。

目標は「何もしない状態」に持っていけるようなお膳立てをマスターすることでしょうか。

そしてハングオン(コーナリング)のアプローチを開始する前に、そのためのフォームの準備を済ませておくことです。
立上りは、
オフセットしたフォームを次の体制にもっていくトリガーは、内側の足首の回転による平行移動がお勧めです。
つま先立ちした内側のかかとを一度外側にひねり、その状態から一気に戻すついでに状態を戻すとお釣りを少なくできます。

レインコンデションでやりがちなバイクを起こして加速は、
どうでしょうか?
要見直しの時期ではないでしょうか。
スライドしないことより完勝できることを重視しましょう。

では。

 

脇田さん無断借用すいません。8耐恩赦で。

脇田さん無断借用すいません。8耐恩赦で。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 新ハイスピード・ドライビング ポール フレール (著), Paul Frere (原著), 小林…
  2. 街乗りでの停止の仕方です。 特に同乗者がいるときには有効です。 ほとんどのドライバーは車を停…
  3. ろうじんせいかいそうしょう【老人性回想症】(新解明国語辞典) 日々の出来事がさほど面白くないた…
  4. シングルシーターはオープンコクピットであるべき
    フロントゴケ結構 セナの事故から22年の成果 フロントゴケ フロントゴケの転倒が増えたとしても、…
  5. 頂点に立とうと思ったとき、習得しなければいけないことが山ほどある場合、それに勝ち残れるのはエリートで…
  6. ライディングフォームの基本の基 今更な「正しいライディングフォーム」ですが、今一度。 今更で…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »