ジムカーナの旋回・立上りは他の競技と違いぬるくありません。
グイグイ曲がって、ドピュッと立ち上がります。

 

ジムカーナの旋回時と立上り時のテクニックは、些細なことは多数あるにしても一番のテクニックは次の一言です。
「もっと小さく曲がれるはずだ」
これだけで必要な練習方法やテクニックは自然に見えてくるかと思われます。
ジムカーナでの旋回の練習を大きく2段階に分けてみます。
最初に曲がること。
フルロックでとか、クラッチを切ってとか、パーシャルでとか、リアブレーキを踏んだうえでのパーシャルとか、加速しながらの旋回とか、とかとか。
これらを単体でうまくできるようにします。
タイミングとか、小技とかを駆使し、眠っていてもできるようにします。

基礎ですからね。

 

舵角調整のためのハンドルストッパーの加工や、
アイドリングの回転数を高めにセットするなど、
ジムカーナ固有のセッティングも可能であれば試してみてください。

 

次にこれらをタイムトライアルという競技の中に身を置きます。
クイックさが求められてきます。
ここで慣性とか、力技とかタイミングとかを駆使して習得していくことになると思います。
特に慣性。
バイクはもちろんですが、ライダーそのものの慣性をヒシと感じることができます。
タイミングの遅れや、準備不足により、想定したラインに乗れなかったり、
体が硬直してしまったり、とかを簡単に繰り返したくさん経験することができます。
いかに短時間で体勢を作れるかを知り、準備しておくことの楽さを知り、失敗したときの程度とリカバリー方法をマスターします。

そして、
定期的に練習を行い、ロードレースでぬるくなった感覚をリフレッシュすることが重要です。

ところで、
ジムカーナの旋回時の走法として前乗りと後乗りがよく争点にあがっていることと思います。

これについての回答は(別頁でも解説します)、
低次元なうちは乗りやすさ、高次元になったらマシンのポテンシャルに合わせる。
キーワードはリアタイヤ。
電動自転車とビックバイクが同じ走法でいいわけがない。

それよりも
ブレーキでガバット上体を起こし、ドカッと旋回して、ガバッと全開して、ガバッと伏せる。
と、速く走れます。
ロードよりモトクロスのつもりで走るほうが近いかもしれません。
旋回中の腕も、突っ張らないと遠心力を相殺できないぐらいになっているほうが望ましいでしょう。

とにかく練習場所と仲間をみつけ、ひたすら練習ですね。

 

だんだん希少になってきたマルケスが勝てなかったレース!

だんだん希少になってきたマルケスが勝てなかったレース!

マルケスより鋭いコーナリングをしているかも! 装備では断トツ優勝!

マルケスより鋭いコーナリングをしているかも!
装備では断トツ優勝!


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. YAMAHAはHONDAに比べ、トリガーに加重をより必要としているのではないでしょうか?効率のよいト…
  2. スペンサー乗り風★セッティングリアサスのCompは最強、Tensは好みフロントサスのTensは最弱、…
  3. とりあえずセナ足をやってみると、その反動というか結果がステアリングにも表れてきます。これを打ち消すか…
  4. 二輪のライディング書のバイブルといえば、キース・コード (著), 小川ヨーコ (翻訳) の「ハイスピ…
  5. ハチ擦り走法
    転倒の仕方と峠の膝擦り小僧乗り 転倒の仕方の練習 GPライダーに限らずロードレースのライダーは(…
  6. 実は、一般的な鉄則である「クリッピングポイントを奥にとる」は、 低次元な状況と、低次元なライダーに…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »