広〜いランオフエリアで最後に失速ゴケ。

とても残念ですね。

 

ランオフエリアを、転倒する場ではなくオフロードコースだと思えば、俄然とアクセル全開で駆け抜けることもできます。

苦手な方は、
マルケスやペドロサのように、広めのハンドル角度にしてみることをお勧めします。

「ロードレースのマシンでオフロードは走れない」とお思いの方が多いと思いますが、そんなことはありません。

フロントタイヤのサイズは小児用のモトクロッサーに比べれば全然問題になりません。

これよりはレーサーのほうがマシでしょ

これよりはレーサーのほうがマシでしょ

ハンドルの角度は先のマルケス、ペドロサのように、パワーに余力がある方は、振られに優位な広めのハンドル角度にしましょう(空気抵抗が気にならないなら無条件に)。

それよりも、フロントのジオメトリー的に転びやすいという先入観があるかと思いますが、
そもそもオフロードマシンだって200kmでアクセル全閉のままダートコースに飛び込んだら不安定なのではないでしょうか?(多分)

そう、全開で駆け抜ければいいのです。
コーナリングだって思いのままです(多分)。

bubba08GH-thumb

そんなことはできないと言うあなたに朗報。

ここでセナ足か猫舌の手を借りるのです。

アクセルを小刻みに開閉するのです。
もともと走り慣れていない場面など、加減がわからない時には便利な手です。

1秒間に6回開閉すればセナ足。
同じく4回開閉すれば猫舌。

どこが猫舌かというと、
猫が水を飲む時のぺろぺろのスピードです。

流体力学を巧みに駆使したこの猫ちゃんのスーパーテクニックを見習ってみましょう。

いろいろ習得したい猫技ですが、まずは猫舌から。 (参考:サイエンス 写真はジャスパー君)

いろいろ習得したい猫技ですが、まずは猫舌から。
なんと、水柱を作ってそれを飲むという、犬には到底できない技だそうです。 セナ足と同様に秒間4回には宇宙の真理が見え隠れ。 (参考:サイエンス 写真はジャスパー君)

(詳細はサイエンスで見つかるはず)

ただし、
見極めは大事です。
やばいと思ったら転倒の仕方を考えましょうー>過去記事

 

 

「骨ストレッチ」ランニング 心地よく速く走る骨の使い方 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2017/7/7 18:10時点)

 


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 同じように見えることでも、「オーバーテイク」を手に入れられる場合と、遠ざけてしまう場合があります。 …
  2. エアロダイナミクスは最先端のテクノロジーかと思えばさにあらず といっても「枯れた技術」なのではなく…
  3. まあ、テレビを見ながらご飯を食べるようなもんです。視線の途中に、障害物や気になるものが出てきてもそれ…
  4. 目のテクニックを使う前にまだ準備が必要です。 目に見えているものについてです。 日常生活で見…
  5. 二輪のレース関係者は以下のように定義すると用語の実用性が上がります。 すりっぷ【スリップ】 …
  6. ハイサイドを防ぐためのベストチョイスはRC213Vに乗ることである。デバイスが勝手に調整してくれるで…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »