旋回中の走法としての前乗りと後乗り。
習得や体感するのにお手軽なのは、やはりジムカーナが一番でしょう。

傍目には、前に座ったら前乗りとか、伏せたら前乗り、旋回中に片手離しができたら後乗りで、できなければ前乗り、とか適当にありますが、実際に走行するライダーとしては、これら見た目からの走法ではないほうがよいでしょう。

こちらではどうでしょうか?
前乗りは、前輪に対してライダーがそれ以上旋回のために使える余裕や追加できる技が残されていない時の状態のこと。
後乗りは、前輪に対して旋回中にさらに旋回させることができる、あるいはできそうに思える状態のこと。

たとえば、いざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。
旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。

見た目にはフロントサスの余力で判断できます。
ボトムしたフロントサスに意図的に荷重、抜重できる余力のないのが前乗りです。
対して後乗りでは、さらに旋回すべく、フロントサスの伸び縮みを利用できるように準備されています。

着座位置やライディングフォーム的には制限はないです。
というより、制限はないほうが実用的でしょう。

ライダーの行うアクションとしての両者の違いは、ブレーキのリリースのタイミングに表れます。
フルブレーキのままサスに余計な動き(ストローク)がないまま旋回に移るのが前乗りです。
旋回前に一瞬早めにブレーキをリリースする、要するに新たな慣性アクションを行うための、慣性の乱れ(タメとか)をわざわざ作り出すのが後乗りです。
ただし、この後乗りと呼ぶためのリリースのタイミングは一瞬しかありません。
それを逃すとただの下手くそに成り下がります。

具体的なやり方は……長くなるので割愛します。

フォーム的にはどうでもよく、思いをライディングに伝えれば何となくそうなります。
実際に試して習得してください。
たとえば、
「リアタイヤに乗っかってフロントをグイグイ旋回方向にネジまげる」
ような感じでしょうか。

お試しあれ。

うまく表現できていませんが、実施に習得してしまうと、言いたいことがわかってもらえると思います。
そして、ジムカーナでできるこの技が、そのままではロードレースでは使えないことにも気づいていただけると幸い。

着座位置の移動で荷重配分は変わりこそすれ、走法と呼ぶにはしょぼい

着座位置の移動で荷重配分は変わりこそすれ、走法と呼ぶにはしょぼい

このライダーの左肘は後乗りの証

このライダーの左肘は後乗りの証

関連記事

ページ上部へ戻る