今年の見納めはペドロサの表彰台。

ではなくてお地蔵さんなマルク・マルケスです。

顎が上がっているマルケスはなかなかお目にかかれない。 (遠くてすいません)

転びたくない時のマルケス。 顎が上がっているマルケスはなかなかお目にかかれない。
(遠くてすいません)

もう今年はこのようなライディングはしないでしょう。

 

 

 

さて、

今回のような結果をマシンのセッティングのせいにするか、

メンタルを鍛えるか、

別の対処法を用意するか。

 

いざ、レースを始めてみたら思惑どおり事を運べないことに気が付いた時のおすすめは、

  • 肩を回す
  • 脳に酸素を贈る
  • 色々考えない
  • 夕食のメニューを考える
  • 言い訳しない

とにかくライディング中の脳みそは使いものにならないことを忘れないことです。

事前に用意できていなかったらアウトです。

調子が悪いと格好も悪い。 (腕周りが微妙にいつもと違う)

調子が悪いと格好も悪い。
(腕周りが微妙にいつもと違う)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. パッシングとバッシング とにかく抜きたい時 予選はともかく、決勝では1つでも上のポジションを狙い…
  2. 例えばいざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。見…
  3. 我々?ライダーは、雪道も歩くのではなく、いきなり走ります。 雪道、あるいはアイスバーンの走り方…
  4. 進入時のテールスライドが必要な理由 その4 フロントゴケの仕方
    進入時のテールスライドが必要な理由 その4 フロントゴケの仕方 減らないフロントゴケ 第2戦のF…
  5. スタートで遅れるとグリッド順位に関係なくテンションが下がる(応援者談)。 せっかくのグリッド、…
  6. 「理想のステアリング」、極めたいですよね。  まずは、どの状態が理想的か大まかに決めることから…

メンタル, 二輪ネタ

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »