ライダーの競技人生はとても短いので、スタッフ含めてマシンが期待どおりでなかったら檄を飛ばすのが普通と思います。

1戦取りこぼすだけでライダーとしてのピークを逃すこともあるわけで……。

毎年毎年ライダーをとっかえひっかえする監督とは立場が違います。

ちょっと有頂天なのでは?HRCのスッポさん⇨http://itatwagp.com/2014/08/26/motogp-2694/

もはや勝負ではなくゲーム。

バイクレースもだんだんF1並にお金持ちとメディアのお遊びになっていくのでしょうか?

 

ケーシー・ストーナーの自伝をアマゾンで立ち読みしたら、やはり幼少の時から、水をまいた自宅の庭のダートコースでスライドして遊んでいたようです。

 

 

とりあえず、雪国日本、アイスダンスを楽しみましよう。

といっても、雪の上を走り回るだけです。

利用するバイクはシートが低くてトルクフルなバイクがよいでしょう。

オフロードタイプのミニバイクが一番ですが、スクーターでも良いでしょう。

トルクフルなバイクが良い理由は、空転しているタイヤが高回転になり過ぎないほうが良いからです。

2ST等のピーキーなバイクは、路面とタイヤとの回転差少なくなるようにセナ足(アクセルのオン・オフ)をしましょう。

コツは転ぶつもりで走ることです。

転ぼうと思うと、意外と転ばないものです。

 

最初は直線で。

リヤブレーキで横を向かせます。

無理に曲がらず真っ直ぐ横を向いたまま止まるまで転ばないように。

TomFritz1

こんな感じで。 足が重要!

慣れてきたら、コーナリングっぽくしていきます。

まっすぐ横を向いていたところから、少しずつ前に進んで行く感じです。

当たり前ですが、ブレーキと、アクセルと、ハンドルと、足と、慣性との組み合わせです。

通常のダートトラックの練習よりはるかに安全に遊べます。

コツはやっぱりセナ足で。

気がついたらケーシーやマルケスを超えているかも。

 

では

アイスレース 75度位?

アイスレース 75度位?

 

アイスレース 85度?

アイスレース 80度?

基本の基:ダートトラック>アイスダンス


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 身長がある方は「ケビン・シュワンツ」乗りでもよいが、身長に難がある場合は「ランディー・マモラ」乗りと…
  2. リアルに勝ちたい人はご一読ください。 見慣れた光景のテールトゥノーズの接近戦、抜く気がないのなら良…
  3. 今回は腕を例にとり説明しましたが脚でも腰でも同じようなものです。特に伸身抜重と、屈伸抜重はタイミング…
  4. ヤマハの切り返しが重たい理由
    ヤマハの切り返しが重たい理由 マシン作りとライダーの関係 ヤマハの切り返しが重たい理…
  5. 不安要素があれば、脳が決めたことを実行できなくなることがあります。 「無意識のうちにブレーキングポ…
  6. 第5戦のマルケスが弱点を見せました。 第5戦のマルケスと第1戦のマルケスが戦ったら第1戦のマルケス…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »