10月3日に開催された<2014 筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦>を観戦してきました。

感想:「スタートが甘い!」

予選順位に関係なく1コーナーの進入では最後尾だった私に言われるのだから間違いがない!

 

そこで秘伝の極意を!

 

奥義その1:押すべし

この技は小排気量クラスにエントリーで、長身で脚の長い選手に授けます。

まず、レッドフラッグが退場したらおもむろにバイクからおります。

そして、スタートの合図とともにクラッチミートし、さらにライダーもバイクを押します。
そう昔の押しがけのようにです。

そして、そのまま押し続け、ぎりぎり飛び乗れるところで押すのをやめバイクに飛び乗ります。

そして、トップで1コーナーに進入します。

 

実績はというと、
押しがけの時代に3列目からトップで1コーナーに飛び込んだ実績があります。

 

引きずられたままでしたが……。

 

不幸にして身長も脚長も運動神経も足りなかっただけです。

是非、無念を晴らしてください。

 

えっ ルール違反?

 

奥義その2:蔑視すべし

この技はすべてのまっすぐな心の持ち主に授けます。

半眼のページでも触れましたが、反応速度は中心視野よりも周辺視野のほうが速いのです。

そう、スタートシグナルを見つめてはいけないのです。

 

筑波のように斜め右にシグナルタワーがある場合は、
まっすぐ前を見るか、タコメーターでも見つめ、シグナルタワーを視野の片隅に置くのです。

面倒なのは鈴鹿。

e0216857_18291465

正面にシグナルタワーがあるので視野の片隅に入れるのが困難です。

思い切って隣のライダーを観たりします。

不幸にしてポールポジションだった場合はアクセルグリップとか……

しかしながら鈴鹿の場合は、デフォルトで皆見つめてしまっている確率が高いということです。

これはチャンスです。

是非とも習得してください。

 

後半はまじめな記事です。

前半も作り話じゃあありません。

スタートするまでピットレーン脇にいてくれるとうれしいかも

スタートするまでピットレーン脇にいてくれるとうれしいかも(見つめすぎに注意)

e0216857_18282381

こちらも見つめすぎに注意

 

 


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ライディングフォームの基本の基 今更な「正しいライディングフォーム」ですが、今一度。 今更で…
  2. スケボーのトリック「パワースライド」のタイミングは、そのまま「進入リアスライド」に使えます。 …
  3. トニー・ボウのリアフェンダー
    ペドロサとマルケスのライディングの違いによるハイサイド率 転倒率自体はペドロサよりマルケスのほうが…
  4. フロントゴケが止まらないー後ろ乗りと逆操舵 状況の悪化は賢者にとって朗報である フロントタイヤが…
  5. 減量と体質リセット 100%の自分
    減量と体質リセット 100%の自分 100%の自分 ライダーは単純に加速が良くなる減量ネタに目が…
  6. レギュラースタンスのマイク・ドゥーハン。 グーフィースタンスのノリック・阿…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »