新ハイスピード・ドライビング
ポール フレール (著), Paul Frere (原著), 小林 彰太郎 (翻訳), 武田 秀夫 (翻訳)
を今更ですが購入しました。著者は2008年に死去しました。
この本もバイブル化しており二輪の和歌山、四輪のポールといったところです。
あらためて内容を確認したかったのです。

やはり内容はすばらしく、おすすめの本です。
キース・コードと違い購入できるのでぜひ読んでください。

改めてこのサイトとはバッティングしていないことが確認できたので、引き続き進めていきますね。
ポール・フレールは技術面からと、レース全般について、体系的にまとめてます。
このサイトでは頂点を目指す方法をとおして、その結果、基礎と安全が確保されることをまとめていきます。

このサイトの投稿文の作成にかける時間は毎回30分以内と決めています。本を読むのに時間がかかったので今回はここまで。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 行列に並んだ場合、割り込みはご法度です(喧嘩になります)。 ところが、合流ではきれいに譲り合います…
  2. 目線に学ぶ ジムカーナ>目線 (二輪限定) 目線に学ぶ ジムカーナにおける「目線」はとても特徴的…
  3. とかく、回避策がないと簡単に片付けられてしまうハイサイドですが、当事者はそんな簡単には割りきれません…
  4. イン側からでもアウト側からでも転ばれることの脅威(ライダーを守れ)
    前回の続きです。 イン側からでもアウト側からでも転ばれることの脅威(ライダーを守れ) もしも、自…
  5. 前回は雪道の人の歩き方でしたが、今回は四輪。 というか自分にとって、驚きの事実が発覚したので、…
  6. イン側に割り込むということ 野放し禁止 絡めば絡むほどよろこんでじゃれまくり。 本人は手加…

基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »