コーナリングはそのアプローチですべて決まるって話です。

ほとんどの人が何らかのイメージをもとにアクションを起こしていると思います。
そのアクションは最後まで完遂すべきで途中で修正すると正しい結果が見えなくなるし、後悔(反省)して思いつくことはたいして役に立たないばかりか、その思いつきが脳に蓄積される分、正しいイメージがわかなくなると思います。

必要なことはイメージを完遂してその結果を正しく脳に記憶することだと思います。
4輪の場合のハンドル(ステアリング)でいえばイメージ通りに操作して微調整はしないってことです。

(続き必要ですか?)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 例えばいざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。見…
  2. とりあえず、雪国日本、アイスダンスを楽しみましよう。といっても、雪の上を走り回るだけです。利用するバ…
  3. 鋳鉄ディスクの熱履歴と再研磨(ブレーキング中は変態中)
    鋳鉄ディスクの熱履歴と再研磨(ブレーキング中は変態中) アナログレコード 鋳鉄のブレーキディスク…
  4. 外足荷重のその瞬間(正しい外足荷重の解釈)
    外足荷重のその瞬間(正しい外足荷重の解釈) 外足荷重という言葉を避けているわけ このサイトでは外…
  5. 1994年から1998年までロードレース世界選手権500cc5年連続チャンピオン スタイルがよ…
  6. キース・コードと遠藤保仁の使い方 手元に2冊の書籍があります。 この2冊の書籍はとても対照的…

テクニック, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »