コーナリングはそのアプローチですべて決まるって話です。

ほとんどの人が何らかのイメージをもとにアクションを起こしていると思います。
そのアクションは最後まで完遂すべきで途中で修正すると正しい結果が見えなくなるし、後悔(反省)して思いつくことはたいして役に立たないばかりか、その思いつきが脳に蓄積される分、正しいイメージがわかなくなると思います。

必要なことはイメージを完遂してその結果を正しく脳に記憶することだと思います。
4輪の場合のハンドル(ステアリング)でいえばイメージ通りに操作して微調整はしないってことです。

(続き必要ですか?)


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 第5戦のマルケスが弱点を見せました。 第5戦のマルケスと第1戦のマルケスが戦ったら第1戦のマルケス…
  2. ノリックといえばダートラ乗りです。見た目の特徴は、コーナリング中前乗りで上半身が起きていることです。…
  3. プライド勝負 グリッドの価値 終わったら教えて! 最近のF1を一言でいい表してみ…
  4. ハングオンの始まりは、ブレーキとともに上体をガバっと起こす一連の動作から始まります。 このガバ…
  5. 前回までの練習に加え、道なりに合わせスロットル(アクセル)を開け閉めしましょう。 普通の道を、普通…
  6. 面圧とトラクションとライダー
    面圧とトラクションとライダー より速く バランスが崩れるということは、さらに速く走れる可能性を示…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »