コーナリングはそのアプローチですべて決まるって話です。

ほとんどの人が何らかのイメージをもとにアクションを起こしていると思います。
そのアクションは最後まで完遂すべきで途中で修正すると正しい結果が見えなくなるし、後悔(反省)して思いつくことはたいして役に立たないばかりか、その思いつきが脳に蓄積される分、正しいイメージがわかなくなると思います。

必要なことはイメージを完遂してその結果を正しく脳に記憶することだと思います。
4輪の場合のハンドル(ステアリング)でいえばイメージ通りに操作して微調整はしないってことです。

(続き必要ですか?)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 目で入った情報に脳が応え手足に伝える。 これしかないと思います。※ ここでコントロール項目と…
  2. タイムアタックから体アタックへ 「自分の敵(ライバル)は自分自身で、己のベストを尽くせば結果が伴い…
  3. 2016年ロードレース世界選手権MotoGP アルゼンチンGPのQ2のマルク・マルケスの転倒シーン3
    「マルケスばりのバランス感覚」を身に着けよう マルケスが並み外れたバランス能力の持ち主だったとして…
  4. ハイサイドを防ぐためのベストチョイスはRC213Vに乗ることである。デバイスが勝手に調整してくれるで…
  5. セナ足【せなあし】 アイルトン・セナのレーシングテクニックのうち表面化した一部分の呼び名。 車の…
  6. バイクライディングの基本の基ネタをしばらく投稿します。 いままで、1年間に…

テクニック, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »