MotoGP of Australia - Race

 

クイックにターンインできる方は要注意。

気を抜くとフロントタイヤへのトラクションをかけ忘れてしまいます。

天候などの影響で路面状況が良くなってきた時にも同様です。

気をつけましょう。

 

左右非対称(アシンメトリー)のタイヤも同じようなものです。

スライド(スリップ)気味の時に切り返しなんてしたらイチコロでしょう。

切り返しの時って本人が思ってもいないほどハンドルに力を込めているものです。

そんな状態ではコンパウンドの境目でキュッとね。

おっかなびっくりも厳禁ですね。

どれも状況がわかっていれば対処のしようがあるでしょう。

タイヤメーカーはもう少し賢く慎重にオープンに。

MotoGP of Australia - Race MotoGP of Australia - Race
誰のこととはいってません。

 

 

 

 

 

moto3_moto3_action_ch02_slideshow

 

もう少し詳しく解説します。

 

バンキングや切り返しを素早く行えるライダーは、フロントタイヤに依存しないタイミングや技を持っています。

高速コーナーでの倒し込み技とかウイリーしたままの切り替えしとか。

またフロントに依存した倒し込みにしても、倒し込みにリソースを使わないタイミングを会得していて、

その分ブレーキやコーナリングにトラクションを利用することができたりします。

どちらにしても通常の走行では問題ありません。

 

普段はそれでいいのですが、状況が変わるときには要注意なのです。

例えばペースを遅くするとき。

これはペース以上に倒し込みを遅くするぐらいの感覚が必要です。

ペースを落とすと、以前にもまして倒し込みが簡単になります。

ペースの落ちた安心感もあります。

ここでライダーは自身の実力を発揮ししてしまうのです。

その結果、今まで通りではなく、今まで以上に素早いバンキングをしてしまうのです。

アクション的には問題なくバンキングは行えるのですが、タイヤはそうはいきません。

ただでさえトラクションが減っているところに、更なるグリップが必要な操作にビックリです。

雨の日のパニックブレーキ並にキレイにスリップダウンしてしまうでしょう。

 

上記のような過ちを犯していないとしても

ペースを落とすということはたいていブレーキを緩やかにしていることでしょう。

これもフロントタイヤのトラクションが不足する要因です。

また2輪はペースカーの先導によるスロー走行とかにも慣れていません。

急激な気温や路面温度の変化にも慣れていないのではないでしょうか。

明らかに経験が不足です。

そいう意意味では、8時間耐久などの耐久レースにも積極的に参戦すると結果に違いが出てくるかもしれませんね。

少なくてもいろいろな場面をシミュレーションして各々の状況での対応や心構えを確認しておくとぬかりがありません。

これこそイメージトレーニングです。

 

 

タイヤメーカーについては、

理想的な状態はまだしも、イレギュラーな状態でのタイヤの傾向をはっきりとデータでライダーに伝えておくべきだと思います。

例えばスリップ状態の変化による左右の特性や、その境目を行き来するときの特性の違いなどをです。

今回のように右と左でスリップ率が違う箇所でスライドしたら確実にねじれが生じ、ヨーイングというより跳ねてしまうのではないでしょうか?

温度差による違いやスリップ率や各種環境を変えたデータを提示すれば、

それを自身のマシン特性と照らし合わせあらかじめ傾向と対策ができるでしょう。

イレギュラーな状態の情報収集をライダーに求めるのは対価が大きすぎます。

実際にそれらのデータがライダーにまで伝わっていたのだとしたら、無用な心配をしなくて済むように、観客にもそのことがわかるようにしてください。

 

 

 

今回(第16戦オーストラリアGP)の原因はこの後公表されることでしょう。

それとこの記事の内容がかけ離れていたとしても、まあご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 祝! 2015 MFJ 全日本ロードレース選手権筑波ラウンド復活!? 10月3日(土)に開催さ…
  2. 今年のマルケスに勝てると思っている人は少ないのではないでしょうか? (負傷していないマルケスのこと…
  3. イメージトレーニングがもてはやされていますが逆効果という結果も報告されだしてます。 イメージトレー…
  4. タイムアタックから体アタックへ 「自分の敵(ライバル)は自分自身で、己のベストを尽くせば結果が伴い…
  5. 上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方
    上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方 街乗りを想定するとなかなか書きにくいので別投稿で補足しま…
  6. エアロダイナミクスは最先端のテクノロジーかと思えばさにあらず といっても「枯れた技術」なのではなく…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »