引き続きライントレースの前にする練習です。

スピードコントロールの練習です。

コース図を見て「よしっこのラインで行くぞ」と決めたとして、そのライントレースに必要なのはスピードコントロールです。
レースの場合はどのくらい速く走れるかが重要です。
また、安定して走れないとトレースどころか危険行為になってしまいます。

では、スピードコントロールの練習をしてみましょう。

一般道の直線で十分です。

まずは惰性で走り、設定地点で止まる練習。
まずは同じ条件で出来るように、次に、坂道でも空気圧が変わっても、車を乗り換えてもある程度の精度で出来るようにします。
うまくいかなかったら繰り返し練習し、体に覚えさせます。
コーナリング中も同様ですが、この路面抵抗による減速を頭に入れておかないと、減速しすぎることになります。

次からは止まらないので一般道でも高速道路でも出来ます。
走っている車に追いつき、同じスピードで走る練習。
段々追いつく練習、直前で同じスピードにする練習。

逆に走っている車に減速して追いつき同じスピードで走る練習。
これもフルブレーキングによる減速と、アクセルオフだけの減速とかパターンをこなしてください。
この練習はコーナ侵入時のアプローチの減速の練習と同じです。
ただし設定スピードが「自分で好きに決めたスピード」でない分、密度の濃い練習になります。

上記が出来たら今度は対象の車と同じスピードになるまで何秒かかるかを当てる練習。
これはレースで追い上げているときに何ラップめで追いつくかを感じ取るのに必要です。

さあ、やってみましょう。

これが身に付くとターンインのポイントでの、スピード調整が正確になります。
一般的にはスピードの落としすぎが多く、これは低速コーナーでは致命的なタイムロスになります。
さらにコーナリング中に、「減速しているのに気がつかない」という安心指向のさぼり気味の脳や、「加速していないのに加速している」という恐怖感からくる幻覚?から逃れられるかも、です。

次はいよいよ曲がります。。。

では・・・


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. バイクライディングの基本の基ネタをしばらく投稿します。 いままで、1年間に…
  2. MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニック
    MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニックの読み方 『Performan…
  3. コーナリング中にリアタイヤをスライドさせるために外足に荷重する。 正しくは、 リアタイヤ…
  4. 「スタートの1コーナーで頑張ります」はNGワードになってほしいものです。 1周目の1コーナーは…
  5. 全開加速で行うコーナリングのターンインは逆操舵をトリガーとする。 成果の確認は、リアタイヤの断面形…
  6. 「レインコンディションは、順位ではなく、自分の走りをすることのみに専念すれば良い」 なんて耳に…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »