我々?ライダーは、雪道も歩くのではなく、いきなり走ります。

雪道、あるいはアイスバーンの走り方を紹介します(四輪はこちら⇒四輪)。

雪道の走り方(人編)

雪道の走り方というからには、雪道以外と区別することから始まります。

そうです、雪道以外の走り方を「雪道」に適用して「雪道は走りにくい」と不満をいうのは雪道に失礼です。

まずは人力、自力での雪道の走り方から、

歩き方を科学的に説明している文献としては、まずは定番の、ホリプロ所属の俳優でクラリネット奏者でもある筒井康隆の「歩くとき」を紹介しておきます。

これを知らずして一歩も歩けないという赤ちゃん必読の書です。

ポルノ惑星のサルモネラ人間―自選グロテスク傑作集 (新潮文庫)

中古価格
¥1から
(2017/7/7 18:05時点)

雪道の走り方を説明するためにはこの文献と比較し、相違点や特徴を述べるべきでしょう。

 

雪道を走ろうとするとき、走ろうとする意思よりも数分後、あるいは直後に起こるであろう惨劇を避けたいという意思に反するため、これを肉体的負担と感じることが多い。

逆に、走りたいという意思にのみによって走る時は、そこにある種のエクスタシーのようなものをねつ造し精神的負担を軽減させる。雪道の走り方に伴うこのような二律背反性によって、雪道を走るという行為の遂行には複雑な肉体的、精神的作業が必要である。

『歩くとき』より模倣

 

手元に書籍がないのでこの辺までにしてオリジナルに進めます。

走り方の世界にもランクがあります。

まずはノービスから。

セオリー通り走る前に歩くことから極めていきます。

万国共通なのでネットを探すと出てきます。

次のような……

・歩幅を小さく

・靴底全体をつける

・速度を変化させない

・急がない

・近づかない

・動かない

最後に、

・走らない

雪道の歩き方 → ペンギンの歩き方

ペンギンの歩き方を参考にするといいらしい……

我々、走らずにいられない族には役に立ちませんね。

ちなみに上記の対策を一発でクリアーする方法は、
ズバリ、ブカブカな靴を履くことです。

ブカブカなほど効果的です。

大きめの長靴とか、ひもを緩めた紐靴とか、とにかく脱げそうな靴で、出来れば重いほうがよりその効果を実感できます。

お試しあれ。

 

 

ノービスを卒業し、国内A級になるとこうです。

・転ぶつもりではしる

・最初から滑る

・両手を広げる

・スピン中に広げた両手をすぼめていくと回転速度が高まる

ほとんど精神論というか、確かに効果はあるにしても、これらは回答者側もよくわかっていない証です。

 

さて、

頂点に立とうという我々?は雪道を科学的に走ってしまいます。

まずは前足を意識的に上方に上げるために大腿前面部の筋肉に力を入れます。

この時に後ろ足の裏側の筋肉(ハムストリング)に力を入れてはいけません。

また下腿筋や足底筋などは不測の事態に備えるために柔らかくしておくことを忘れてはいけません。

 

もとい、です。

 

雪道を走る時には両足は閉じた所からではなく、前後に開いた状態から話を進めます。

そうです、

開いた足を閉じて、その作用反作用で行きたい方向に進むのです。

まずは前後の重心や、両足の靴底の摩擦抵抗を同じくらいにし、両脚を前後に開いたり閉じたりしてその場で上下運動を繰り返します。

両脚を閉じることに筋肉を使い、開くときには何かの効果を期待しないで、ただただ無心に開くとうまくいきます。

この時に両足はグリップさせるのではなく、常に滑り続けさせることがキモです。

十分にためしこの運動では転ばないことを確認します。

そして、徐々に摩擦抵抗の度合いや、重心や慣性を変化させて身体の水平移動を願います。

具体的には両脚を前後に開くときには前足(前に出す脚)の抵抗を減らし、閉じるときには後ろ足の抵抗を減らすことにより脚を閉じ、そのままの勢いでその後ろ足を前に出し、それら一連の動きを繰り返します。

上手くいくと滑るように歩け、そして走れるようになります。

止まる時や、速度変更、進路変更するときも、この両脚を開いた状態を開いた状態を基にするとよいでしょう。

ただし、全開ではなくパーシャル(半開き)のほうがより安全性が高まります。

路面が平面なアイスバーンがまずは楽です。
足腰がしっかりしていればでこぼこの雪道でもクリアできるでしょう。

 

騙されたと思ってお試しください。

意外と走れてしまいます。

バイクは?

では同じようにバイクでも……

とはなりません。

我々ライダーはこれを何に応用するかというと。

 

グリップとスリップとグリップ力とブレイクとスリップ率などの関係を体感できました。

そして慣性だの惰性だのパワーだのモーメントなどの関係です。

モーメントをなるべく転ばない方向に保ちつつ、スリップさせ、グリップさせます。

これを使いセンシティブな感性を育て、さらには楽してタイムアップしてしまおうというのが狙いです。

 

運よく雪道を走れるようになった暁には、スリップ率が30%のときに最大グリップ力を得られるとか、そうでもないとか、そのへんのさじ加減が会得できているかもしれません。

「パワードリフトしてるけど一向に前に進まない」とかいうのとおさらばです。

最大効果を引き出す能力がついていることでしょう。

バイクでも、車でも、このグリップがブレイクする瞬間を感じ取り走り回りましょう。

細かい技なんて必要がありません、走り回りましょう。

臆せず丁寧にです。

そしてブレイクしたらお手上げなので、街中では決して無理をしてはいけないことを改めて肝に銘じましょう。

 

d0100125_15421463

 

タイムアップに関しては、次回に!

 

 

では

 

雪道の走り方 タイムロスの回避方法の前段【応用】でした。

 

ロッシの施設コースでのアイスレースの練習風景

ロッシの施設コースでのアイスレースの練習

 

水中のペンギンの格好よいこと!

水中のペンギンの格好よいこと!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 「ベストな走り」の結果、通ったラインを「ベストなライン」とします。 で、人・マシンが進化すれば常に…
  2. ヤマハの切り返しが重たい理由
    ヤマハの切り返しが重たい理由 マシン作りとライダーの関係 ヤマハの切り返しが重たい理…
  3. ライディングフォームの基本の基 今更な「正しいライディングフォーム」ですが、今一度。 今更で…
  4. 峠の下りコーナーで曲がりきれなさそうでヒヤリとしたライダーに朗報です。 ダートトラックのブレー…
  5. キース・コードと遠藤保仁の使い方 手元に2冊の書籍があります。 この2冊の書籍はとても対照的…
  6. 「ターンインは、ブレーキングの開始とともに始まり、ブレーキングが終了する前に終わる」の続きです。 …

基本の基, 新解明国語辞典

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »