コーナリングアプローチについてです。
鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。(何年か忘れた)

とても完成度が高く、他のドライバーとは一線を画していましたが
翌年のF1ドライバーは皆、フロントタイヤの美しくない角度と引き換えに、同じようなアプローチができるようになりました。
テクニックが不要になりました。さすがテレメトリーというか、お金というか。
シューマッハが復帰したときに負けたのは、盗まれた自分のテクニックでした。

このアプローチを普通の自家用車で体得しましょう。
四輪は割と簡単に体感できますし、二輪でうまく行ったときの角速度と安定性は驚くはずです。

キーワードは「抜重」です。
わかりますか?
ちなみにキース・コードいわくの「逆にハンドル(ステアリング)を切る」、は最近の高次元な世界ではタイムロスなのと、アクションが大きくなり、不安定なので四輪ではNGかな。

続く・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MotoGPをライブで


G+では2017年マルチスクリーンライブタイミングを無料提供!

ランダム記事

  1. スリップストリーム使ったのに抜け出た途端に後退・・・・ 経験ありませんか? ぼやかずに、次のよう…
  2. アウト・アウト・アウトを見直す(ミドル・ミドル・ミドルの勧め)
    アウト・アウト・アウトを見直す 世の中アウト・イン・アウトが全てじゃありません。 仮にアウト…
  3. オブザーバー対策 ミスジャッジ? 「これが失格でなかったらどれが失格になるんだ」 ライダー…
  4. 全開加速で行うコーナリングのターンインは逆操舵をトリガーとする。 成果の確認は、リアタイヤの断面形…
  5. バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。理由は…
  6. 脳は高速で走行すると処理能力が落ちるといわれます。3割とか。 (どこかに正確な情報があれば教えてほ…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,396,887 アクセス
ページ上部へ戻る