コーナリングアプローチについてです。
鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。(何年か忘れた)

とても完成度が高く、他のドライバーとは一線を画していましたが
翌年のF1ドライバーは皆、フロントタイヤの美しくない角度と引き換えに、同じようなアプローチができるようになりました。
テクニックが不要になりました。さすがテレメトリーというか、お金というか。
シューマッハが復帰したときに負けたのは、盗まれた自分のテクニックでした。

このアプローチを普通の自家用車で体得しましょう。
四輪は割と簡単に体感できますし、二輪でうまく行ったときの角速度と安定性は驚くはずです。

キーワードは「抜重」です。
わかりますか?
ちなみにキース・コードいわくの「逆にハンドル(ステアリング)を切る」、は最近の高次元な世界ではタイムロスなのと、アクションが大きくなり、不安定なので四輪ではNGかな。

続く・・

ランダム記事

  1. 身長がある方は「ケビン・シュワンツ」乗りでもよいが、身長に難がある場合は「ランディー・マモラ」乗りと…
  2. 優れたライディングはたいてい美しい。 したがって昨今流行の足ぶらライディングは…
  3. オートバイやタイヤが倒れずに自律走行してしまう仕組みは方々で説明されていますね。 スリップアン…
  4. ヤマハの切り返しが重たい理由
    ヤマハの切り返しが重たい理由 マシン作りとライダーの関係 ヤマハの切り返しが重たい理…
  5. セッティングとライディング(マルケスのアプローチ)
    マルク・マルケスはいつだってアグレッシブな走りをしているわけではありません。 彼はアグレッシブ…
  6. マルケスの憂鬱(チームのふがいなさ)
    マルケスの憂鬱(チームのふがいなさ) だれが悪者 歴史的な年にケチをつけてしまったことはロッシに…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

ブログ統計情報

  • 1,513,149 アクセス
ページ上部へ戻る
Translate »