ライントレースをしましょう。

最初はスピード一定でやりましょう。
遅くてよいです。

場所は一般道、高速道路でしましょう。

ラインは車線の真ん中です。
今回は車体のどこをラインをトレースするポイントにしてもいいです。
フロントタイヤの間でもドライバーの位置でも、リヤタイヤの中心でもいいです。
自分が安定して通れると思うところで決めてください。

では走りましょう。

練習するのはラインをトレースすることではなく目と脳の練習です。
「視線を、どこまで先を見て走れるか」、を練習しましょう。
普通にやれていることの精度アップです。

視線は、今回はラインそのものを追いかけましょう。

ここでのポイントは、
「先読みをして対応する」のではなく、
「見たものに対して遅れて操作する」です。※1

視線を遠くに持っていき現在の場所を見ない練習です。
マシン(車体)のそばは見て見ぬ振りをします(大事です)。
操作そのものになるべく神経を使わないようにし、しかし操作の出来は採点をしながらラインを追いかけます。
そのつもりで練習すればそのうち感覚がわかってきます。
インインインとかアウトインアウトとかになったら失敗です。
どのくらい遅れて操作するのか、どのくらい先を見たら破綻するのか、コース情報の増減でそれは変わるのか、やることはたくさんあります。
上達するまでがんばりましょう。

これはそもそも運転操作に慣れていないと出来ないです。
「目をつぶっていても操作が出来る」ではなく、「何も考えずに体が動く上に目は違うものを見てる」と複雑です。

いきなりハイレベルかもしれませんが、これが出来てくるとワルツが踊りやすくなります。

では・・

※1
高速走行中は反応速度もばかにできません。
たとえば180Kmで走行中だとコンマ1秒でも5mも進んでしまっています。
この練習を繰り返すと、目で見たものが手足に伝わる時間の、コンマ何秒の遅れを取り戻せます。
さらに、普通の指南書の「リアルに対応する」という無理難題から解放されます。
あと、ライントレースの練習で「サイドミラーで白線を見て確認する」てのをやったことがあると思いますがこれはここではNGです。
それは車両感覚の学習という、違う目的の練習です。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ハングオンは、実はほかのどの乗り方やフォームよりも、安全性が高く、無駄なアクションも少なく、路面やバ…
  2. トレッド面の外側への荷重配分をコントロールしてみます。 わかりやすく簡単な方法は、立ち上がりで…
  3. ホームポジション 盤石な走り オンボード映像は時にレース結果よりも残酷ですね。 ザクセンリ…
  4. ダートトラックでは進行方向に対してのリアタイヤのオフセット(角度)でライダーが何をしているかがわかり…
  5. シングルシーターはオープンコクピットであるべき
    フロントゴケ結構 セナの事故から22年の成果 フロントゴケ フロントゴケの転倒が増えたとしても、…
  6. 形状や構造が違うのではなく単純にタイヤのコンパウンドがソフトとハードでの違いを考えてみましょう …

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »