少なくとも「ライントレースの練習」中は、自分で走りやすいラインを考えて作るのはやめましょう。
なぜかというと「楽ができる」から、練習にならないのです。

コーナリングは、上達すればすればするほど楽になってきます。
ちょっとしたラインの違いで雲泥の差が生まれ、
初心者に比べると明らかにそれは「ちょっと切って適当に戻す」という感じになってきます。
スプーンなどの複合だろうが、ヘアピンだろうが皆同様です。
それがドライビングテクニックということなのかもしれませんがここでは発揮しないでください。

なのであえて練習中はそのコーナー(ゾーン)で、走りにくても決められたライン(たとえば車線の真ん中)を通るようにしましょう。
練習していること以外にも、忘れていた、あるいは新たな発見などがあるかもしれません。

では・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MotoGPをライブで


G+では2017年マルチスクリーンライブタイミングを無料提供!

ランダム記事

  1. 普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思って…
  2. 基本の基:アンバランス ホールディングといえばニーグリップ? いわゆるニーグリップとして…
  3. 二輪の話です。 とうとうリーンアングルが64度と遠心力(加速度)が2Gを超える時代になりそうです。…
  4. キース・コード的立ち上がり RR 〉 立ち上がりロードレースにおける立ち上がり時のプロダクトは次の四…
  5. バンキング時のトリガー・アクションとしてステップの踏み込みはあまり得策ではないと前回お伝えしました。…
  6. シートストッパーでわかるライダーの前向き加減 ストレートで空気抵抗を減らす工夫 シートカウルから…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,376,486 アクセス
ページ上部へ戻る