前回までの練習に加え、道なりに合わせスロットル(アクセル)を開け閉めしましょう。
普通の道を、普通に走る感じです。
ブレーキは出来れば使わないでやってみましょう(もちろん使ってもよいです)。

ラインの半径に見合ったスピードで走る、という目的のほかに減速とステアリングの切り込み、加速とステアリングの戻し、についての関係を体にしみこませたいところです。
減速と慣性による切り込みの時間差、スロットルオンとエンジンレスポンスとの時間差、その他いろいろ時間的なもの、慣性的なものなど複数の項目について、低次元な環境で十分感じとり、高次元な環境でのベースにしましょう。

この練習でヒールアンドトゥの必要性があるなあ、と感じてくれたらこちらの思惑通りなのですが……

 

adrenaline_junkie

ランダム記事

  1. 契約ライダーの責務とライダー支援
    契約ライダーの責務とライダー支援 五月病? 春特有の心配事がまたやってきまし…
  2. 集中力の使い所 RR>ストレート 転倒パターン ライバルに追い上げられてハードな時、あるい…
  3. ダートトラックでは進行方向に対してのリアタイヤのオフセット(角度)でライダーが何をしているかがわかり…
  4. ステアリングダンパーの功罪 RR > セッティング
    レーシングマシンには欠かせないステアリングダンパーですが、使い方を誤ると手痛いしっぺ返しが待っていま…
  5. 新ハイスピード・ドライビング ポール フレール (著), Paul Frere (原著), 小林…
  6. どこをとっても凄いというのには耳にタコができました。 では、マルク・マルケスのどこがどう凄いの…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

ブログ統計情報

  • 1,513,149 アクセス
ページ上部へ戻る
Translate »