前回までの練習に加え、道なりに合わせスロットル(アクセル)を開け閉めしましょう。
普通の道を、普通に走る感じです。
ブレーキは出来れば使わないでやってみましょう(もちろん使ってもよいです)。

ラインの半径に見合ったスピードで走る、という目的のほかに減速とステアリングの切り込み、加速とステアリングの戻し、についての関係を体にしみこませたいところです。
減速と慣性による切り込みの時間差、スロットルオンとエンジンレスポンスとの時間差、その他いろいろ時間的なもの、慣性的なものなど複数の項目について、低次元な環境で十分感じとり、高次元な環境でのベースにしましょう。

この練習でヒールアンドトゥの必要性があるなあ、と感じてくれたらこちらの思惑通りなのですが……

 

adrenaline_junkie


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。オートバイの醍醐味は、バランス…
  2. 諦めるのは… マシンの動きをコントロール下に置くこと諦めます。 他にやることがあります。 …
  3. 旋回とラインとバンキングにおけるクリッピングポイント 役立たず クリッピングポイントというとコー…
  4. フロントスライドを極める マシンセッティングを語る前に、必要なライディングテクニックをマスターして…
  5. プライド勝負 グリッドの価値 終わったら教えて! 最近のF1を一言でいい表してみ…
  6. いっそのこと衝突被害軽減装置の装着義務付け
    いっそのこと衝突被害軽減装置の装着義務付け最初からそういうレギュレーションにしておけば一連のトラブル…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »