コーナリング中にステアリン操作ではなくアクセル操作でライントレースを行うことがあります。
これを「アクセルで曲がる」と呼んだとします。

では「アクセルで曲がる」とは、どういう時にどういう操作をするのでしょうか。
自力、あるいは他の冊子やサイトで調べてまとめてみてください。

この言葉がいかにいい加減かを説明します。

「アクセルで曲がる」にはアクセルオンとアクセルオフとアクセルキープ(パーシャル)があります。※1

  • アクセルオンでステアリングをキープする
  • アクセルキープでステアリングをキープする
  • アクセルオフでステアリングをキープする
  • アクセルオンでステアリングを戻していく
  • アクセルキープでステアリングを戻していく
  • アクセルオフでステアリングを戻していく
  • アクセルオンでステアリングをさらに切る
  • アクセルキープでステアリングをさらに切る
  • アクセルオフでステアリングをさらに切る

さらに複雑なことに上記の操作場面は加速中、減速中、速度キープ中それぞれの場面があります。
ヒールアンドトゥが使える人はさらにさらに複雑でブレーキング中も含まれます。※2
さらにさらにさらに現状が異常な時(コントロールを失っている場合とか)も含まれます。

これらはタイヤの限界の範囲内か範囲外かで大きく違うし、その限界値は前後(左右も)のトラクション配分の変化や、横にスライドしているのか、縦にスライドしているのかでも変わってきます。※3
さらにマシン(車体)のジオメトリー(セッティング)で、その限界値そのものと、限界値付近の挙動が変わってきます(マシンと状況によりさまざまということです)。
さらにさらに低い次元か、高次元か、あるいは理想論で語っているのかでも変わってきます。

さて、どれを使ったらいいでしょう。
その場で適当に使い分ける、というのでは人間の反応速度上、手遅れだと思ってください。
最初にまとめたもので解答が得られたら素晴らしいです。
そうでもない場合は。。。

さてさて、どれを使ったらいいでしょう。
ということで「アクセルで曲がる(ライントレースの練習 その6)」に続く・・・

ヒール&トゥ

ヒール&トゥ

※1
「アクセルをキープ」することもアクセル操作のうちだとここでは解釈しています。

※2
ここでのヒールアンドトゥはシフトダウン時のことではなく、ブレーキング中のアクセル操作のことです。

※3
改めて詳しく説明する予定です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. スケボーのトリック「パワースライド」のタイミングは、そのまま「進入リアスライド」に使えます。 …
  2. 目のテクニックを使う前にまだ準備が必要です。 目に見えているものについてです。 日常生活で見…
  3. オートバイやタイヤが倒れずに自律走行してしまう仕組みは方々で説明されていますね。 スリップアン…
  4. リヤーが滑るので柔らかくしたらグリップが上がる時 では改めて「リヤーが滑るので柔らかくしたらグリッ…
  5. ノリック乗りをしてフロントタイヤを一定のキャンバー角で旋回しましょう。そしてその時のコーナーの状況に…
  6. 二輪のレース関係者は以下のように定義すると用語の実用性が上がります。 すりっぷ【スリップ】 …

コーナリング, テクニック, ライン, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »