プライド勝負 グリッドの価値

 

終わったら教えて!

最近のF1を一言でいい表してみました

レース観戦は、誰が一番金持ちかでも、誰が一番セールストークがうまいかをみたいわけではない。
たとえば強いライダーの実力をこの目でまじかで見たいからだったりします。

レースは抜きつ抜かれつがドライバー(ライダー)の実力により期待されるところに醍醐味があります。
昨今のF1のようにデバイスを正しく操れさえすればシュミレーションの結果に近づくというのでは、面白味などありません。

ましてそれがドライバーがいくら頑張っても決してシュミレーションの結果を超えることがないという、夢のない現実のなか。

走る前から結果が決まっているのであれば、リザルトすら見る必要はありません。
さらに、テクニカルな理由で25グリッド降格って何?※1
さらに、弱小チームへの温情(レースは非情なもののはず)は、順位を操作できるし、スプリントレースでエコランをするという、本末転倒もいいところな昨今のレギュレーション。

レース中のドライバーの酸欠による判断ミスはいた仕方ないが、運営局のそれは…

そんなわけで、レースをもっと面白くしよう。

歴史との決別

一番のネックは、この歴史的な記録です。

そもそもレースは誰かに勝つことと、それを含め記録を塗り替えるという2つの目的があったりします。

そうなると、後者を尊重すると、大幅なレギュレーション変更には慎重になるし、そもそも歴史的な重鎮やらレジェンドやらまで考慮しなければいけない羽目になります。
そしてSBKなど歴史的に新しい種目がおもしろいといわれてしまうことを、指をくわえてみているだけならまだしも、さらに権威化を目指してつまらなくしていきます。
実際、レジェンドやらなんやらのセレモニーだけが巨大化させても、つまらなさに変わりはない。

たとえば、この歴史的なことを無意味にするのは簡単なことです。
レース会場を一新してしまえば終了です。
同じ会場でもコースレイアウトを変更してしまえば、歴史はリセットです。

これだけで歴史的、記録的、という呪縛から解放されます。

ポールポジションとの決別

たとえば次のようなルールにしてしまいます。

グリッドはタイムの悪い順とする。
従来のポールポジションは不名誉の極みとして人目に触れる効果があります

ポイントは、決勝の順位と、抜いた台数を加算する。
たとえば40台で行われたレースでは予選トップで、決勝もトップだと、39ポイント+25ポイント=64ポイントとなります。
予選がびりだったとしても、ポジションをキープすれば25ポイントです。

グリッドの位置(間隔)は、主催者やスポンサーの勝手で好きに変更できることにする。
これは、レースタイムを毎年比較する意味をなくすことに効果があります。

 

ライダーの名誉

これで、今までよりははるかに、抜きつか、抜かれつの場面が増えることでしょう※2

今までよりもトップを快走する場面が減ったしても、カメラ(映像)が予選トップのマシンを追いかければスポンサー的には済む話だし、従来はかすりすらしなかった、予選下位のチームへのスポンサードにも活性化が見込まれるでしょう。
それにライダーとしても、トップをキープするのは精神的にタフだと思うのですが、混戦状態の中をかいくぐるのはきっと負担どころか快感なはず。
そうして、毎レース毎レースで見せる、お目当てのライダーの強さには、歴史的な快挙など付加しなくても十分見る側の心の中でレジェンド化していくのではないでしょうか?

バカでもわかるような記録を重視するのは、運営側が、スポンサーと観客をバカにしていることとみられかねません。
どうでしょう?
そのうえで、再度スポンサーに対しての誠意を主催者(チームじゃないよ)が見せるような工夫をしていけばいいと思います。

 

ヒモ男との決別

スポンサーはカモでレーシングチームはヒモ

レースに大金が必要なのはなぜ?

これは運営側のルールのせいです。

であれば、スポンサー獲得が難しかったら運営側の責任です。

運営側がスポンサーに対するアピールは、少ない投資で、最大限の効果があることを示すことです。

大金をドブに捨てることの潔さを説くのや、しがらみから口説き落とすのでは「ヒモ男」と呼ばれてしまいます。

パワーユニット交換の制限とかではなく、もっと根本的なこととか、

タイヤメーカーを来年から変えるのであれば、今年はタイヤメーカーの技術スタッフは出入り禁止とかにしないと、ますますリザルト重視の暴走に歯止めがかからなくなるし・・・

とはいっても、世の中支配者に逆らえないので、そう簡単にはいかないのでしょうね。

 

結局、愚痴 ということで。

 

 

 

 

 

※誤って、書きかけで投稿してしまいました(そしてその状態で終わりとします)。
とはいえいつも後から修正しまくりなので今回もお許しください。
※1パワーユニット交換で予選17番手でさらに25番グリッド降格になるのだったら、
そのレースには出ないでパワーユニット温存が賢いし、誰一人面白くないという、目的を見失っている見本。
私としては、どうせポイント取れないなら、運営局の裁定に抵触しない程度にツーリングでもして抗議してほしかったところです。

※2抜きつ抜かれつって、お目当てのライダーに対しての状態というか、お目当てが抜いたり抜かれたりするサマのことですよね?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MotoGPをライブで


G+では2017年マルチスクリーンライブタイミングを無料提供!

ランダム記事

  1. 今年の見納めはペドロサの表彰台。ではなくてお地蔵さんなマルク・マルケスです。もう今年はこのようなライ…
  2. リアルに勝ちたい人はご一読ください。 見慣れた光景のテールトゥノーズの接近戦、抜く気がないのなら良…
  3. やっとテクニック編。 タイトルは今まで書いてきたことと逆みたいですが逆ではなく「ひたすら準備せよ」…
  4. まえのりとうしろのりのていぎ【前乗りと後乗りの定義】 「どうでもいいことの解説はさらにどうでも…
  5. 前回の投稿の意味がわからなかった方。 読み返したら自分でもわかりませんでした。 何を言おうと…
  6. ドゥーハン仕様の左ハンドルリアブレーキは散々試したにもかかわらず浸透しなかったらしい。 なんてこっ…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,396,887 アクセス
ページ上部へ戻る