マレーシアGPのロッシとマルケスの接触転倒劇は、またまた物議を醸すのでしょうね。

運営側はともかく、ライダーとか関係者はメディアの思惑にに乗っからず公平に判断してあげて欲しいですね。

 

私は お咎め無しだと思います。

どちらも、お互いの転倒・接触に気を使った挙句の出来事で、お互い十分にマージンを残したフェアなバトルだったと思います。

ロッシの左脚も、マルケスと接触した後に反射的に出てきたのであって、けして故意ではないと思います。 あのような場合、ぶつかったら反射的に脚はそうなります。

 

気になるのは、周囲が元ごとを悪く見過ぎではないか?ということです。

本人がそうとは認めてないのに、ロッシが激高したとか焦っているとか決めつけるのは扇動です。

マルケスは、ロッシが優勝争いをしているライダーだからと気を使う必要もないし、周囲がマルケスに対しロッシに気を使えというのもどうかと思います。

レースは、規則の範囲内で邪魔をしてもいいのですから。

 

経験のあるライダーは、今回のようなああいう場面では、往々にして、悪意ではなくあのような挙動をすることがあることを運営側にアピールして欲しいところです。

 

 

今回の反省点

他人事ではないライダーとしての今回の反省点は、

「レース中に相手を思いやるのは失礼どころか、かえって逆効果になってしまうこともある。」

相手に何かジェスチャーしても正しく伝わるとは限りません。

お互い脇目もふらずに競い合うのが一番安全なのではないか?ということです。

 

もちろん言葉で煽られたからって無駄に戦闘モードになるのは愚の骨頂です。

 

周囲のスタッフは、レース中のライダーの頭のなかは「空っぽで単純」なことを認識したうえで、レース終了後の発言や行動に対して十分にケアすることが必要でしょう。

またまた物議? MotoGP17戦マレーシアGPマルケス転倒リタイア

またまた物議? MotoGP17戦マレーシアGPマルケス転倒リタイア

 

そしてこれが、もしも、メディアの報道のとおりだったら、チームが信じられないほど機能していないということの証となります。

これほどみっともないことはないので、チームは全力でライダーをコントロールすべきであるし、

同じく全力でライダーを守るべきでしょう。

 

 

参考までに

アルゼンチンGPの時の投稿 攻撃が最大の防御 (接触回避策)

ルマンはただの事故。

 

追記

裁定が決まり、ペナルティが片方のみに下りたので少し追加させてもらいますね。

 

 

「メディも含めてあおるだけあおって、最後に手を出した方が負け」

これを黙ってみていることこそ、あおることこそがスポーツに反していると思うのですが。

裁定を下すのなら、二人に子供のけんかをさせたメディアと、チームに下す方が、

よっぽどライダー本来の実力を握りつぶしてしまいかねないと思います。

 

たとえばこれを

「チームで周到に検討して、偉大な記録を他メーカーのライダーに与えるのを阻止する計画を立てた。

そしてまんまと成功した。」

という風評を立てられてしまいかねません。

 

とにかく審議などではなく、フラットな裁定を下せるルールが大事でしょう。

「そもそも悪いのは、こんなライダーを雇ったやつ。こんなレースをさせたやつ」とチームに罰を与える方がライダーにとって厳しい場合もありますし。

 

それでも、ロッシのあの行為が許せないというのであれば、

二人が絡んだすべてのコーナーに対し、個々に裁定を下すべきです。

お互いに非があるような行動を随所でおこなっているのですから。

それに、振り返って、何かを叫んだからといって、スポーツマンシップに反するというのはかわいそう過ぎる。

当事者がいらだち何かをしたのだったら、いらだたせた方が悪いのではないか?

そもそも、非を認めないお国柄の人たちの言い分を、公に出すのはいかがなものか。

高等テクニックと、口頭テクニックを混ぜてどうする?

「蓄積された何か」などというのも、口げんかの始まりなだけで高等なスポーツからは程遠い。

とにかく、チームも運営側も、面白いからってなんでも公表することの是非と、ライダーの発言は、チームや運営側の発言と同等だということを考えたがよいと思います。

 

 

不服がある時は

えーと

ぐだぐだいってますが、どっちも悪いのは確かなのです。

が、とりあえず、

歴史的なレースになるかもしれないのに、歴史的な偏りになりかねない裁定は一旦リセットして、

クリーンなロッシと、ロレンソのレースを見てみたい、

最終戦が終わってから、好きなだけやってくれ。

というのが本音です。

 

今回はYAMAHAも擁護していますね  リン・ジャービスの見解

 

ロッシの裁定に不服がある方は 以下をご覧ください。

 

宛先: MotoGP Race Director Mike Webb & FIM Officials

Remove the penalty from Valentino Rossi and bring back integrity to the Championship.

 

https://www.change.org/p/motogp-race-director-mike-webb-remove-the-penalty-from-valentino-rossi-and-bring-back-integrity-to-the-championship-2?recruiter=411808006&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink

 

 

続きは。。

蹴り倒す RR>ファイト

真相が定かでない時の裁定について RR>ファイト

 


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 半眼を学ぶ
    はんがん【半眼】 外界からの情報を少なくすることで脳の能力を視界以外に回せる。 また視線が特定の…
  2. どりふと【ドリフト】 タイヤが横に滑っているその様の呼び名。 スライドとほぼ同義だが、自慢す…
  3. 進入時のテールスライドが必要な理由 その5 最速のトド復活
    進入時のテールスライドが必要な理由 その5 進入スライドの利点 進入スライドは見た目の派手さだけ…
  4. アクションを起こすタイミングにも、その準備が必要なのはお分かりでしょう。 さらに、それら全体を含め…
  5. ハチ擦り走法
    転倒の仕方と峠の膝擦り小僧乗り 転倒の仕方の練習 GPライダーに限らずロードレースのライダーは(…
  6. シングルシーターはオープンコクピットであるべき
    フロントゴケ結構 セナの事故から22年の成果 フロントゴケ フロントゴケの転倒が増えたとしても、…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »