アクションを起こすタイミングにも、その準備が必要なのはお分かりでしょう。
さらに、それら全体を含めたアプローチにも準備が必要なことも、認識していた方がよいでしょう。
アプローチのアプローチといえばいいのでしょうか。
特にレースの場合は、準備次第で冷静な対応や疲れ方に影響が出るので重要です。

これは、ひたすら目からくる情報ですね。
アプローチを開始する場所や、予定通り実行していいのか修正すべきか、ほかにもいろいろな判断を加えた上でアプローチに入ります。
それにも時間が必要です。入手する情報量や脳の状態などにより一定ではありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 他人を裁く者は自身の非を認めるくらいの裁量は備えていてほしいものです。 現時点ではマルケスのパ…
  2. 膝擦り走法のついでに、 かの有名な、マルケスの転倒にいたらなかった走法、ITATAWAによるとダル…
  3. 身長がある方は「ケビン・シュワンツ」乗りでもよいが、身長に難がある場合は「ランディー・マモラ」乗りと…
  4. もし速く走るための練習中にインに張り付いたらそれは練習失敗です。そこのポイントにたどり着く前の、走り…
  5. バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。理由は…
  6. バイクライディングの基本の基ネタをしばらく投稿します。 いままで、1年間に…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »