トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱)

トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱)

トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱)

トラクション抜け

イケイケの時のライダーのアクションは迷いがなく、すべてがクイックに行われます。
注意すべきは自分を取り巻く環境が変わってしまった時です。

たとえばトラクションの抜けてしまったマシンは、そのクイックな要求には応えられないからです。

したがって、ラインをふさがれたときとか、マシンが振られた後には、ライディングそのものをイケイケの状態からリセットし、そして改めてトラクションをかけなおすところから始めなければなりません。

なぜなら、昨今のレーシングタイヤでは、その剛性の高さやら、耐久性の問題やら、プリロードの問題やらで、タイヤを想定スペックの状態に保つためには、所定の荷重・トラクションが必要だからです。

そして、いったん抜けてしまったトラクションを所定の状態に戻すためには、その加重の手続きはもちろん、その手順を実施するだけの時間というものが必要になります。
その時間を、待たずしてイケイケなアクションを行ってはいけないのです。

特にそのアクションが逆操舵ではなく、順操舵で行われていた場合、ライダーの要求はかなりの確率で独りよがりの空振りに終わることでしょう。

 

その結果、セパンのマルケスのような、不可解な転倒を喫してしまうことになりかねません。

ライダーだけが先走っても、マシンがついてきてくれないからです。

ロッシのような大柄なライダーならともかく、ペドロサ、マルケスのような軽量ライダーはその特徴がより顕著でしょう。

 

じゃあどうすれば?

これの解決策をマシンに求めるよりは、まずは自覚することのほうが速そうです。

 

 

逆操舵と順操舵

バイクは逆操舵によって自律することができています。

通常ライダーもこの逆操舵をすることによってライディングしていると言われます。

別にそのこと事態に異論はないのですが、こと、ロードレースの世界においては、順操舵でライディングをしていると言った方が話はスムーズに運びます。

 

順操舵する

それでは順操舵の仕方についておさらいしてみましょう

ハンドルキープ

実は簡単というか、既に皆さん、様々な場面で逆操舵ではなく、順操舵を行なっています。

それはスクーターと、ハングオンに顕著です。

スクーターでは想定スピードが低いためかクイックすぎるハンドリングをコントロールするためにかなりの力でハンドルキープを行なっていることでしょう。

ハングオンも、そのポジション以上中に、向きが変わってしまっては困ることと、そのクイック性のためにハンドルキープを行っていることでしょう。

このことを、ハンドルキープではなく順操舵と呼べば一丁上がりです。

プリアクション

何もしないとか、じっと待つとかいうのはアクションの部類に入れたがらない方もおられると思いますが、こういう手抜きなアクションにこそメリットがあります、簡単だし。

しかしここでは、このハンドルキープというアクションを、アクションとして捉えず、何もしていないということにして、ハンドルキープの解除をし行きたい方向に操舵する、実際には勝手に切れてくれるかもしれないそのハンドルに手を添えてあたかも自分の意思で動かしているように思うこと、それが順操舵といえます。

そうしてその順操舵の経験を多く積むと、順操舵というアクションに必要なアクションを適切に行うことができるようになるでしょう。

結局重要なのは事前準備。プリアクションだったりするわけです。

そしてそれは、運転は計画的に、ということです。

(すなわちイレギュラーな時にはこの順操舵は非効率か、思った通りにならないということです。)

 

もっと端的にわかりやすい、実感しやすい例はこちらです。

CANAM-SPYDER

TRもてぎでの日本GPの時にも展示されていた3輪車?のSPYDERですがそのコーナーのライディング方法について。

通常のバイクと違い、バンクしないこの車体はそのまま曲がると体が外側に放り出されてしまいます。

MOTEGIてオーナーに直接伺った時には、イン側の脚(膝)で体を支えるようにして乗ると良いと言われておりました。

そして改めて東京ショールームで店長さんにお話を伺った時には、事前に体をイン側に入れておくという話をされていました。

どちらにしても普通のオートバイとは感覚が異なるとのこと。※

このSPYDERと同じような乗り方を普通のバイクで行うと順操舵と言えると思います。

CANAM-SPYDER

※機会があったら実際に乗ってみようと思っています

 

逆操舵の利点

じゃあすべての場面で順操舵に移行するとよいのかというとそうではありません。

逆操舵のほうが良い時も多々あります。

逆操舵の利点は、まず準備がいらないということがあげられます。

曲がりたいと思った時に直観的に逆操舵すれば、その通りになってくれます。

 

そして一番の利点は、その操作自体では転倒しにくいということです。

なにせ、オートバイが自律できていること自体がこの逆操舵のおかげですから。

コルテセ(のマシン)に至っては、いったん完全に転倒にしてから、バイクだけ立ち直ってしまいましたね

 

なので転びたくない時、転びそうなときには、この逆操舵ベースのほうが精神的にも物理的にも安全なことでしょう。

順操舵の利点

こちらは、クイックなこと、自分の思い通りの操作(のつもり)を行うことができることです。

そして、タイム的にも耐久性の面でも効果があることでしょう。

 

お地蔵さんからの脱却

この順操舵を使って、お地蔵さん状態から逃れられないか検討してみましょう。

お地蔵さんの特徴は、ひとえにやりたくてもやれない状態である、と言えると思います。

ビビっちゃっているか、実際のそのアクションが取れるような体制ではない、かです。

ここで順操舵ナレしているライダーはというと、

何事にも事前アクションが必要だという心構えができている、ということがあげられます。

これが怖くて転倒できない時、

右に行きたいのに左に行ってしまう時に役に立つかもしれません。

それは緊急時などに直感的にハンドル操作をしてしまうのではなく、体を先に動かす間、ハンドル操作を行わないという行為が自然にできるかもしれないということです。

 

そしてもしかして自分の意思で転倒することができるかもしれません。

といってもこの場合には、順操舵ではなくハンドルキープですが。

 

ジムカーナで

順操舵を自分の意思で行おうと決意したら…まずは定番のジムカーナで試しましょう。

 

といっても、一番手っ取り早いのは自転車です。

自転車のごく低速域では順操舵が簡単に行えることでしょう。

もっと簡単なのは自転車から降りて押して8の字を書けば、順操舵成功です。

 

バイクでも、低速域であれば操作自体はすぐに出来ます。

その杼効率差や、違和感に慣れるようにしましょう。

そして、自分の計画通り、曲がりたいだけ曲がるという最初からの計画の通りの分だけハンドルが切れるようになったら成功です。

そして同様にハンドルを戻すことも実現できます。

なんと車と同じように行きたい方向にステアリングすることが実現できます。

この事の効果が大きいか小さいかは、すぐにご自身で実感できると思います。

 

緊急事態の時

転倒、あるいは暴走時のリカバリーの可能性を考えた時どちらのほうがより安全かという事柄について考えてみましょう。

まず転ばない方がよい時には逆操舵です

行きたい方向と逆の腕で、ハンドルをエイヤと引っ張ってみて、あとは結果に従うという方法です。

注意事項は、行きたい方の腕で押すのは失敗しがちということです。

 

 

暴走抑制装置

まずはこれを何とか、実現してください。

ハイサイドは、それはそれで恐ろしい事態ですが、運悪く転倒を免れた後は、逆に悪夢が待っています。

バイクの暴走を止められないことがあるからです。

そのまま、どこかに衝突した場合、それこそ重篤な状態に陥ってしまう可能性が大です。

ライダーの意志とは異なるであろう状態を検知した場合は、すみやかにエンジン停止か、無理やり転倒してしまうなどのシステムが役に立つかもしれません。

あるいは、踏み台や、ガイドレールなどの取っ手があるとかなり役に立つことうけあいです。

 

では。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MotoGPをライブで


G+では2017年マルチスクリーンライブタイミングを無料提供!

ランダム記事

  1. 下り坂コーナーが苦手な理由 RR>下り坂
    下り坂コーナーが苦手な理由はライダーの錯覚によるものです。全てはイリュージョンです。全ては本人の思う…
  2. コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その3 特効薬はダート乗り ノリ…
  3. 誰かより、安全に、あるいは競い勝つためにブレーキングを行いたいのであれば、その誰かよりフロントタイヤ…
  4. ストレートエンドでのオーバーテイクは、「するしない」の判断に様子見の余地はありません。 どちらかは…
  5. レースの観客というのは非情なもので、高度な技術だけではなく、適度な失敗を楽しみにしていたりします。 …
  6. 車が誰かに曲がらせられるポイントと、車が自ら曲がりたいポイントは異なることがあります。 同様に車が…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,376,028 アクセス
ページ上部へ戻る