本当に可夢偉みたいかはさて置き、
思いもよらず一所懸命考えてくれたみたいなので引き続きヒントを。

ぼやくパターンです。
・前のコーナの前のストレートでぴったり後ろについてぴったりブレーキしてぴったりコーナーを回る。
 抜けそうで・・・抜けない

・立ち上がり重視で行こうといつもより小回りしてワイドオープンする。
 抜ける時もあるでしょうね。
 でも小回りしている時に失われる時間は想像以上です。

訂正というか補足です。
数値情報はあれで一組です。二組以上必要でした。
実際には関連の細かい数値情報が必要になるかもですが、これはそもそも「計算上行けるかどうか」の参考値なのでそんなに重要視視しなくてもいいと思っています。

ただその結果出てくる数値は、たったそれだけで! って感じです。

これでどうでしょう?

そういえばケニーロバーツが抜く時の極意を書籍で言ってましたね。
拍子抜けするような普通のことを言ってました。
このサイトも普通のことしか言ってません。

予想では年内に100まで行かないと思ってます。(右メニューのアンケート いいね)

そういえばシューマッハ足を書かなくては、でしたね。

では。

ランダム記事

  1. シュワンツ乗り【しゅわんつのり】 ご存知ケビン・シュワンツの走法。 手足が長いことにより見た…
  2. 鋳鉄ディスクの熱履歴と再研磨(ブレーキング中は変態中)
    鋳鉄ディスクの熱履歴と再研磨(ブレーキング中は変態中) アナログレコード 鋳鉄のブレーキディスク…
  3. 2016年ロードレース世界選手権MotoGP アルゼンチンGPのQ2のマルク・マルケスの転倒シーン3
    「マルケスばりのバランス感覚」を身に着けよう マルケスが並み外れたバランス能力の持ち主だったとして…
  4. バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。理由は…
  5. さすが低速、好き放題できます。 礼儀正しく慣性待ちするとタイムロスなので、 速く走るためには結構…
  6. ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2
    ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2 ライディングの極意 前置…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

ブログ統計情報

  • 1,513,149 アクセス
ページ上部へ戻る
Translate »