本当に可夢偉みたいかはさて置き、
思いもよらず一所懸命考えてくれたみたいなので引き続きヒントを。

ぼやくパターンです。
・前のコーナの前のストレートでぴったり後ろについてぴったりブレーキしてぴったりコーナーを回る。
 抜けそうで・・・抜けない

・立ち上がり重視で行こうといつもより小回りしてワイドオープンする。
 抜ける時もあるでしょうね。
 でも小回りしている時に失われる時間は想像以上です。

訂正というか補足です。
数値情報はあれで一組です。二組以上必要でした。
実際には関連の細かい数値情報が必要になるかもですが、これはそもそも「計算上行けるかどうか」の参考値なのでそんなに重要視視しなくてもいいと思っています。

ただその結果出てくる数値は、たったそれだけで! って感じです。

これでどうでしょう?

そういえばケニーロバーツが抜く時の極意を書籍で言ってましたね。
拍子抜けするような普通のことを言ってました。
このサイトも普通のことしか言ってません。

予想では年内に100まで行かないと思ってます。(右メニューのアンケート いいね)

そういえばシューマッハ足を書かなくては、でしたね。

では。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. フルブレーキ、奥が深いと思います。 簡単に「フルブレーキした」とかよくいいますが、一度その発言を捨…
  2. ニッキー・ヘイデン
    ハンドル操作と転倒率 マシンのセッティングをするにあたり、たとえば手放しでも操縦?できるようなセッ…
  3. 前回の記事が片手落ちなので補足します。 前回の補足 補足するのは、以前の走法はどうだったのか? …
  4. オートレースとスペンサー リアタイヤを一番使いこなしているのはオートレースだと思い…
  5. どこをとっても凄いというのには耳にタコができました。 では、マルク・マルケスのどこがどう凄いの…
  6. 不幸にして、ストレートエンドで前走車にぴったり張り付いてしまった場合、あなたはもう負のスパイラルから…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »