不安要素があれば、脳が決めたことを実行できなくなることがあります。
「無意識のうちにブレーキングポイントが早くなった。」、これは間違いです。
脳が決めたブレーキングポイントでは間に合わないと、身の危険を感じてた別の脳が、手前でブレーキしようと決めて、その通りに実行しているのです。
問題は、一見それは安全なようで、アプローチの準備が足りてない場合があるのでかえって危険かもしれないことです。
恐怖感も増してしまうので失敗に失敗を重ね、ますますできると思っていたことが、できなくなります。
レースをしている人なら経験のある「俺は才能のないだめ人間だ」状態に陥ります。

何をどう見るかは、これも必要に応じたテクニックなので改めて・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MotoGPをライブで


G+では2017年マルチスクリーンライブタイミングを無料提供!

ランダム記事

  1. 基礎を学ぶには4輪がお勧めです。 2輪は未知な部分が多く相手にも自分にも納得のいくインプットが…
  2. 往年のスペンサーとかケニーとかの、見た目同じようなリアのスライド走法はどうでしょうか?こちらはフロン…
  3. マシンセッティングのためのステアリング操作一覧 マシンセッティングを行う上で欠かせないことに、ライ…
  4. マルケスの憂鬱(チームのふがいなさ)
    マルケスの憂鬱(チームのふがいなさ) だれが悪者 歴史的な年にケチをつけてしまったことはロッシに…
  5. 目指すはフルボトムな切り返し! 切り返しの具体例を紹介します。 いき…
  6. バイクが旋回してくれない時にすることの考察バイクが旋回してくれない時にライダーが行っていることを考察…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,397,310 アクセス
ページ上部へ戻る