スリップストリーム使ったのに抜け出た途端に後退・・・・
経験ありませんか?
ぼやかずに、次のように走りましょう。(サーキットで)

ステアリング操作はスリップにつく前に完了しておきましょう。
ロスが発生するからです。
ついてから操作するのはブレーキをくれるようなものです。

スリップについたあともステアリング操作をしないようにしましょう。

具体的にどうやるかというと、
たとえば、左後ろから近づき、右前に出て、風圧で真直ぐにする(戻される)。
––2013/2/15追記––
真後ろから近づき、ステアリング操作して左側に移動します、そのロスで若干勢いが鈍ると思います。
スリップから離れない程度に左後ろに後退し、改めてスリップ効果で近づきそのまま右側に抜けます。
右側に抜けた後はその速度差加減で完全に離脱して単独走行するか、ギリギリ近づいたまま走行するかを決めます。近づいたままの時は風になるべく逆らわないようにします、前走者のサイドにぶつけるくらいのつもりで風に跳ね返されても意外とぶつかりません。この場合跳ね返される時の位置が前走者のすぐ近くのほうが実際にぶつかったとしてもお互いの影響が少なく、より安全です。
––2013/2/15追記––

そう、斜めに走ります。
スピードも真直ぐ走っている時より出てます。
ロスも少ないです。
スピード感覚については「ライントレースの前にする練習 その2」で練習してください。

TVとかで見てても何事もなく抜く人と仰々しく抜く人といますね。

では・・・


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ノーブレーキ走行 その2
    平均時速1~2Kmの違いでラップタイムが秒単位で変わってくるレースにおいてはスピードコントロールが重…
  2. 下り坂コーナーが苦手な理由 RR>下り坂
    下り坂コーナーが苦手な理由はライダーの錯覚によるものです。全てはイリュージョンです。全ては本人の思う…
  3. 蹴り倒す さて、動画を拝借して、ロッシがマルケスを蹴って転ばすという高等テクニックをまねしてみまし…
  4. ロードレースにおけるハングオンは実はブレーキングのためにあります。 どこがって、唯一ブレーキン…
  5. Honda Collection Hallの閲覧室 もてぎで読書 ライディングテ…
  6. 基本の基:キース・コード的>抜重 プロになるためには、勝つためのテクニックはもちろん手に入れる…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »