ライバルを抜こうと思ったときに必要なのは?
いくつかの選択肢の中から選ぶと思います。
そう、引き出しの話です。

このときにやったことがない方法を選ぶのは「自分の今までの人生を否定」し、「ライバルのこれからの人生を危険にさらし」ます。
引き出し中から選びましょう。

引き出しの中身は。

失敗例とか、聞いた話とかの、ガラクタが多いと「正しい選択を選べない」ばかりか、「良い方法がないから止める」ことも出来ません。

いろいろな意味で周辺のレース人生が短くなると思いませんか。

ガラクタを捨てておくことが必要です。
ガラクタとは役に立たない情報のことです、
それを役に立つように整理すればそれはもうガラクタではないです。
正しく受け止めることです。

ということでヒントは、
引き出しの中に方法が見つからないと思った(思いつかない)ときには、

だめな方法を列挙します。
残り物の中に、実は使える方法があるかもしれません。
ニュートラルに見直すことです

それでも見つからないときにはあきらめることも必要です。
それか、いったん保留して引き出しに新しい物を入れるか。

では。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 腰を入れると腰入れと転倒率 新解明国語辞典
    腰を入れると腰入れと転倒率 新解明国語辞典 前回マルケスを腰抜けといってしまったので「腰を入れる」…
  2. 普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思って…
  3. 同じように見えることでも、「オーバーテイク」を手に入れられる場合と、遠ざけてしまう場合があります。 …
  4. 見た方に進むと巷ではよくいわれていますが必ずしもそうではないです。 少なくとも考え方としてそう思わ…
  5. MotoGP界のヒール復活 連ドラで復活したアブドラ・ブッチャーよろしくMotoGP界のヒールも大…
  6. 違いの分かる男 微妙なセッティングの違いがわかる場面には2種類あったりします。 行なったセッ…

メンタル, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »