やっとテクニック編。
タイトルは今まで書いてきたことと逆みたいですが逆ではなく「ひたすら準備せよ」です。
目と脳を信じて乗っているだけでは無駄に失ってしまう時間があるということです。

何をするにも時間がかかるって書いてきました。
アクセル(スロットル)を開ける(踏む)こと自体にもタイムロスが存在します。
さらにスピードが落ちすぎてしまうことや、スロットルオフからオンにするときのエンジンの状態がよろしくないという問題もあります。

具体的にはブレーキングが終わったらできるだけ早くパーシャル状態にする。
(ここで言ってるパーシャルはエンジン的なパーシャルです。)
これだけで劇的にタイムが縮む(場合もある)と思います。
アプローチの恐怖感は同じままタイムアップします。

ブレーキング終了と同じ流れで処理できれば一番です。
ダラダラ回っている途中でやるのは意外に時間がかかってしまいます。
開けたい(踏みたい)ポイント前に完了しているだけでもまあましだと思いますが・・。

乗ってるマシンによってパーシャル状態でも減速していく場合や加速もあります。
加速してしまう場合は感覚的には怖いものがありますがまあそういう状態を体に覚えさすことは必要でしょう。
乗り方がかわると乗り物のセッティングにも影響がでます。
主にいい状態になるように思いますがそれはいったん後回しで。

町乗りでの効果は・・
まあスムーズになりますし、四輪の場合アクセルにもブレーキにも足をのせてないというのは気分的に好きじゃない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 2007年鈴鹿のケーシー・ストーナー
    マシンセッティングを効率よく行うためには、マシンの素性を知り、ライダーの素性も知り、ベーシックなコン…
  2. 他人を裁く者は自身の非を認めるくらいの裁量は備えていてほしいものです。 現時点ではマルケスのパ…
  3. パッシングとバッシング とにかく抜きたい時 予選はともかく、決勝では1つでも上のポジションを狙い…
  4. ライダーはバイクからグリグリ落ちて、バイクはそれをグイグイ拾うのです。そのためにはライダーが落ちてい…
  5. フロントの旋回性が悪い時はまずはリアを疑うところから
    フロントの旋回性が悪い時に考えること フロント周りの旋回性が悪いからと、フロント周りのセッティング…
  6. セナ足【せなあし】 アイルトン・セナのレーシングテクニックのうち表面化した一部分の呼び名。 車の…

テクニック, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »