見た方に進むと巷ではよくいわれていますが必ずしもそうではないです。
少なくとも考え方としてそう思わない方が良いと思います

目線をかえただけでそちらに向かってしまった場合、今までの方向に行きたくない何か要因があるはずです。
「今までの方向に比べたら目線の方向の方がまし」と脳が判断したのでしょう。

やはり目から入る情報と脳に蓄積されている情報は大事です。
目線を移動(固定も含む)することで何かしら良いことがあるのなら、それを積極的に使わない手はないです。

「肩の角度が変わるから」とかの物理的な動きも非常に大きな要因ですが、知識がないのでここでは省きます、他の情報源から入手してください。

で、何を見て、何を脳にためていくかですが、続く・・・


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 下り坂コーナーが苦手な理由 RR>下り坂
    下り坂コーナーが苦手な理由はライダーの錯覚によるものです。全てはイリュージョンです。全ては本人の思う…
  2. リヤーが滑るので柔らかくしたらグリップが上がるセッティング あり得ないと思っていた「スプリング…
  3. コースアウトして真直ぐクラッシュパッドに突っ込んだことがある方! 次の機会 にはアクセル全開し…
  4. オートレースとスペンサー リアタイヤを一番使いこなしているのはオートレースだと思い…
  5. タイヤとレーシングスーツのコンパウンド 驚異的なマルケスリカバリーには物理的な裏付けも必要です。 …
  6. 実は、一般的な鉄則である「クリッピングポイントを奥にとる」は、 低次元な状況と、低次元なライダーに…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »