見た方に進むと巷ではよくいわれていますが必ずしもそうではないです。
少なくとも考え方としてそう思わない方が良いと思います

目線をかえただけでそちらに向かってしまった場合、今までの方向に行きたくない何か要因があるはずです。
「今までの方向に比べたら目線の方向の方がまし」と脳が判断したのでしょう。

やはり目から入る情報と脳に蓄積されている情報は大事です。
目線を移動(固定も含む)することで何かしら良いことがあるのなら、それを積極的に使わない手はないです。

「肩の角度が変わるから」とかの物理的な動きも非常に大きな要因ですが、知識がないのでここでは省きます、他の情報源から入手してください。

で、何を見て、何を脳にためていくかですが、続く・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 減量と体質リセット 100%の自分
    減量と体質リセット 100%の自分 100%の自分 ライダーは単純に加速が良くなる減量ネタに目が…
  2. 「ソーイング」する事で車体に関するセッティング関連の変化と傾向はつかめたでしょうか ステアリン…
  3. Honda Collection Hallの閲覧室 もてぎで読書 ライディングテ…
  4. 今回はスタート練習について。 昔のGPでは実際のスターティンググリッドあたりからスタート練習し…
  5. 不安要素があれば、脳が決めたことを実行できなくなることがあります。 「無意識のうちにブレーキングポ…
  6. 減速し過ぎに注意。 オーバースピードのリカバリはガッツを試されますが、 減速しすぎた場合のリカバ…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »