見た方に進むと巷ではよくいわれていますが必ずしもそうではないです。
少なくとも考え方としてそう思わない方が良いと思います

目線をかえただけでそちらに向かってしまった場合、今までの方向に行きたくない何か要因があるはずです。
「今までの方向に比べたら目線の方向の方がまし」と脳が判断したのでしょう。

やはり目から入る情報と脳に蓄積されている情報は大事です。
目線を移動(固定も含む)することで何かしら良いことがあるのなら、それを積極的に使わない手はないです。

「肩の角度が変わるから」とかの物理的な動きも非常に大きな要因ですが、知識がないのでここでは省きます、他の情報源から入手してください。

で、何を見て、何を脳にためていくかですが、続く・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MotoGPをライブで


G+では2017年マルチスクリーンライブタイミングを無料提供!

ランダム記事

  1. ターンイン時のライダーのアクションには大別して、頭を中心とする頭脳系と、頭を振り子にする愚系とがあり…
  2. トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱)
    トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱) トラクション抜け イケイケの時のライダーのアクシ…
  3. ノーブレーキ走法 キース・コードの『Soft Science of Roadracing Moto…
  4. トップライダーたちは「絶妙なバランス感覚で暴れるマシンを押さえつけて神業的なハンドル操作を加えている…
  5. まえのりとうしろのりのていぎ【前乗りと後乗りの定義】 「どうでもいいことの解説はさらにどうでも…
  6. 同じことをしても「伸びるものも伸びなくなる」ということです。 「コーナリング中のハンドル(ステ…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,376,486 アクセス
ページ上部へ戻る