バンキングさせようーハードな順操舵と逆操舵(膝すり小僧乗りその3)

バンキングさせようーハードな順操舵と逆操舵(膝すり小僧乗りその3)

バンキングさせようーハードな順操舵と逆操舵(膝すり小僧乗りその3)

ハードな順操舵と逆操舵

引き続きバンキングの練習ですが、今回は実際に走りながら試してみましょう。、

今回のお題目は「順操舵と逆操舵」です。

聞いたことがあったらリ、すでに使いこなしているかもしれない「順操舵と逆操舵」です。

ただし、初心者向けの練習なはずなのにもかかわらず今回のは誰もが知っている「普通の順操舵と逆操舵」ではなく「ハードな順操舵と逆操舵」です。

 

どこが違うかというと、「普通の順操舵と逆操舵」はステアリング操作で、「ハードな順操舵と逆操舵」ではバンキング操作です。

「普通の順操舵と逆操舵」はステアリング操作を行うことで、バランスを崩すきっかけを与えその余波?でバンキングが始まるというもの、だとして、「ハードな順操舵と逆操舵」ではステアリング操作が直接バンキング操作となります。いえ、させます。

 

ハードな逆操舵

それでは逆操舵からやってみましょう。

操作の感覚としては、コーナーのイン側の腕でステアリングヘッドをイン側に倒しこむ感じです。

ステアリング操作的には通常の逆操舵を行いそのまま手を緩めない感じです。

そのまま転んでもいいのですが、そうでない場合は適切なタイミングで今度は順操舵を行います。

あくまでライダーの腕のコントロール配下に置きます。

目標はロスタイムゼロのハングオフによるバンキングです
(見た目がリーンアウトだろーがリーンウィズだろうがハングオフです)。

具体的には、ノリック乗りを参考にしてみてください。

ブレーキングが終了したらそのままフルバンクです。

もたもたしてはいけません。

フルブレーキ、フルボトム、フルバンクです。

最初はジムカーナ乗りではじめ、徐々にハングオフ(ハングオンではない)に移行していけばよいでしょう。

実際にはこの時、さまざまなテクニックが必要だとは思いますが、今回はその練習ではないこととしてくだあさい。それらは繰り返し練習していればそのうちに合わせて身につくと思います。

これがうまく決まると、ライダーの体が追い付かないくらい素早いバンキングができるようになるでしょう。

ただしこの走法の欠点はそのまま転倒してしまうリスクが高い、ときもあることです。

 

さて難しいのは順操舵です。

ハードな順操舵

普通の順操舵とハードな順操舵との違いはタイヤへの負担度に違いがあるのですが・・・

より面圧がかかるトラクション走法となりますのですが…

そもそも順操舵は難しいので今回はパスしましょう

 

〜 略 〜

 

 

 

最強の膝擦り小僧乗り

膝擦り小僧乗りへの道のりはなかなか遠そうです。

仕方がありません、峠の膝擦り小僧乗りは、下手なレーシングテクニックではあっという間に足元をすくわれてしまいかねないのですから

最強の膝擦り小僧乗りへの次の段階は、今回までに学んだテクニックを組み合わせていきます。

特に大事なのは今回のハードな順操舵と逆操舵です。

私の場合此処で挫折してしまいました。

ここを乗り切れなかったので、峠ではまさかのダサ転を繰り返すことになってしまいました。

皆さんは乗り越えてください。

最強の膝擦り小僧乗りの極意というかポイントは順操舵と逆操舵を使いこなすことです。

当然順操舵と逆操舵を使いこなすということはそれに付随する関連テクニックも使いこなすことです。

その使いこなす順操舵と逆操舵は今回挙げたとおりの「ステアリングの順操舵と逆操舵」と「バンキングの順操舵と逆操舵」です。

これを適材適所で使い分けることが峠乗りで必要なテクニックといえるのです。

さて、今回のハードな順操舵とハードな逆操舵は、とてもハイレベルな走法の布石となります。

最強の峠の膝すり小僧乗りの

それは、

具体的には次回以降で…

 

では

バンキングさせようーハードな順操舵と逆操舵(膝すり小僧乗りその3)

でした。

 

次回は

バンキングさせようーハードなクリッピング(膝すり小僧乗りその4)

の予定です。

ノリック乗りはこちら ⇨ ノリック乗り

関連記事

ページ上部へ戻る