上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方

上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方

街乗りを想定するとなかなか書きにくいので別投稿で補足します。

上り坂と下り坂も同じライディング?

正しく完成されたライディングができれば、下りも登りも同じライディングで良い、ようなイメージやそのような説明を目にすることもあるかと思います。

たとえそうだとしてもその見解には問題点があります。

一つは想定している範囲が、自分の行っている走行とマッチしていない時があることです

十分な安全圏内であればそれでいいとして、転倒ギリギリの時には、どちらかで転ぶか、両方で転ぶ可能性があるということです。

正しく完成されたライディング バーサス 上り坂に特化したライディング(下り坂に特化したライディング)

で、負けてしまう可能性があるということです(自分だけが転ぶという・・・)。

 

もう一つは、これでいいのか? と疑問点を抱いても、具体策が何も用意されていないということがあげられます。

せっかくの、より上の次元に上がれるチャンスに、飛び乗ることに出遅れてしまいます。

一つの乗り方ではなく複数のバリエーションがあると、それらの発展や組み合わせや比較対象などを行うことでより効果的に次の次元に移りやすいと言えます。

上り坂と下り坂の違い

すでに以前書いているような気がしてきたので簡単に紹介します。

この」上り坂と下り坂の違い」も一般的なイメージとは異なる考え方ができるようにしておくことも大事です。

例えば下り坂で、
「ストレートエンドのブレーキングはクイックにやるとトラクションがかからず転倒しやすい」
というのがあったとします。

これはトラクションの問題ではなくセッティングの問題ととらえる見方もできます。

下りの方がフロントフォークのストロークスピード、あるいはボトムスピード(フルボトムまでの到達時間)が早い場合があります。

リヤサスにしても下り坂特有の挙動というものがあります。

また上記は場面により、まるで正反対の挙動になることもあります。

上り坂も同様です。

上り坂の場合、あまり神経質になる必要はなさそうに思いますが、私は登りで(調子が良すぎて)フルボトムする前にフロントタイヤをロックさせてしまいすっ飛んだことがあります、決勝の1周目のことです。

 

もはや上り下りだけの話ではないと思いますが、慣性スピード、というかマシンとライダーのバネ上の動きに差があり、それを考慮したブレーキ操作なりライディングをすることで、その場面での走りが完成できるということです。

下り坂でのブレーキング時にマシンが素早く動こうとしているのに「下り坂のアクションは穏やかに」とばかり弱めのブレーキングではそれぞれ(の慣性のようなもの)が別のスピードで存在することになりタイミングは揃わなくなります。

じゃあ、「下り坂は平坦な場面よりもより強くブレーキングをしピッチングのスピードを上げた方が良い」なのかというと、そうとも言えますが、それでは多分反対意見が出てきてしまうでしょう。

ではなく、「その場面居合わせたフロントフォークのストロークのさせ方をする」としてみます。

セッティング的にどちらが先か優先かはマチマチですが結果的に、

「セッティングとコースなどを含めてその場面に適切なブレーキングをしましょう」

ということに尽きると思います。

実は上り下りに関係なくコーナー(セクション)に合わせた一連のアクションをすることでより高次元の走りができて、例えばブレーキングはどこでも同じだけレバーに入力するのではなく、(その時の状態にあった)それぞれに最適な入力値が存在するということを認識しておきましょう! というお話でした。

上り坂と下り坂は、その挙動の違いや調整結果の違いがわかりやすいので格好の場面と言えると思うのです。

様々な、上り加減、下り加減に合わせたブレーキング(一連のアクション)が出来るようになってくると、普通の平坦なコーナー、もちろんサーキットのバンク付きや四輪の走り散らかした後のバンプだらけの路面でもきっと最適な入力値をインプットできるようになることでしょう(もちろん減速帯も)。

ということで、

上り坂と下り坂の走り方を極めるためには、

ブレーキングを極める

から始まります。

次に前回のバンキングのスピード、ピークのポイントですね、順序が逆ですいませんでした。

 

以上

上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方

でした。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 峠の走り方(上り坂と下り坂の違い) 峠とは 峠というところは危険なところです。 無謀、あるいは…
  2. アレックス・マルケス VS. ジャック・ミラー
    レーサーにとって一番充実した時間、それはレース全体を自らの手でコントロールしている時ではないでしょう…
  3. 往年のスペンサーとかケニーとかの、見た目同じようなリアのスライド走法はどうでしょうか?こちらはフロン…
  4. 神は言われました 「時が来るのを待ちましょう。」 焦ってはいけません。 ほぼ全ての事柄に所…
  5. 頂点に立とうと思ったとき、習得しなければいけないことが山ほどある場合、それに勝ち残れるのはエリートで…
  6. ハチ擦り走法
    転倒の仕方と峠の膝擦り小僧乗り 転倒の仕方の練習 GPライダーに限らずロードレースのライダーは(…

コーナリング, ブレーキング

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »