コースアウトして真直ぐクラッシュパッドに突っ込んだことがある方!

次の機会 にはアクセル全開してみてください。
特に「もうだめだ」とマジで思った時にはダメモトでやってみてください。
向きが変わり、もう少し希望のある展開になるかもしれません。
ただし、アクセル全開のままグラベルからコースに戻ってしまった場合は次の地獄が。。。

コーナリング中にブレーキングをしたいときに、代わりにアクセルオンも検討してみてください。

ブレーキングをしたいときにアクセルオンすることで元々の希望にかなうこと、たとえば速度調整が出来たり、コースアウトしないでコーナーをクリアすることができるかもしれません。
この場合おまけにタイムも短縮されます。

これらはトップライダー、特に大排気量のライダーたちはすでに自然に実行しているかもしれません。
入口のスピードから何からハイレベルだととっくにその領域に達していることでしょう。。

そうではない方たちは、
敷居が高いので四輪で、ゆっくり走って、実感してみてください。

そこで大事なことは、アクセルオンをブレーキングの代わりに使えないかということです。
アクセルオンしても「思ったほど加速しない」ことを実感してください。
たまたま(実は様々な物理的な事由で)、アクセルオンで向きがかわり減速する必要がなくなるかもしれません。
また、場合によっては実際に減速することもあるでしょう。
さらに、人間の、減速したい場合の速度感と、加速したいのに加速しない場合の速度感、これを理解してうまく使いこなしましょう。

実際の現場で使い分けられる位になったらよしですね。

これもラインを考えるときの検討事項ではないでしょうか?
また逆にそこがライバルとの差を付ける場面でもありますが。

完成度、安定性の面では、旋回しながらブレーキングをしたいときのその完成度はハイリスクなため100点満点にはなかなかならないと思います。
対して加速はローリスクなこともあり、かなりの完成度と安定性を保てると思います。

まだライントレース・・・でしょうか

コースアウトしたときのグラベルでの全開はお地蔵さんからの脱出でもあります。
また、実際に全開でもスピードは落ちていくことがあります。

では・・・

スリップストリームの正しい抜け方に、もう少し具体的な方法を追記しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 我々?ライダーは、雪道も歩くのではなく、いきなり走ります。 雪道、あるいはアイスバーンの走り方…
  2. 見た方に進むと巷ではよくいわれていますが必ずしもそうではないです。 少なくとも考え方としてそう思わ…
  3. タイヤとレーシングスーツのコンパウンド 驚異的なマルケスリカバリーには物理的な裏付けも必要です。 …
  4. やっとテクニック編。 タイトルは今まで書いてきたことと逆みたいですが逆ではなく「ひたすら準備せよ」…
  5. レースは慣性と戦う競技ともいえます。 慣性に逆らうだけでなく、利用したものが勝利します。 慣…
  6. トラクションを駆動力の意味と訳すと誤解が生じるのでトラクションをかけることを「もう一仕事してもらう」…

コーナリング, テクニック, メンタル, ライン, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »