リヤーが滑るので柔らかくしたらグリップが上がるセッティング

リヤーが滑るので柔らかくしたらグリップが上がるセッティング

あり得ないと思っていた「スプリングを柔らかくする」という方法について。

スプリングを交換するとき

当然のようにダンパーのセッティング変更を前提に話を今まで進めてきましたが、もう一つスプリングを柔らかくする方法もあるわけです。

おおよそ、やってはいけないセッティングなんてありません。

過程も方法もどうでも良く、結果が良ければOKです。

しかしこの場面ではNGだとおもいます。

確かに、スプリング(スプリングレート)を柔らかくするとトラクションが上がるとか車勢(姿勢)がリア下がりになるとか言われます。

実際には柔らかくなるという感覚はさておき、ストローク量が増えるのが一番の変更理由(特長)になると思います。

要は、たとえば1Gと2Gの姿勢の差が大きくなるということです。この場面ではイニシャルは何の意味もありません。

したがって、「スプリングを変更したらリア―のグリップが上がった」というのはたとえそれが事実だとしてもそのまま使える決定事項ではなく、間違ってもそれがそのままセッティングテクニックにはなりえないということです。なぜなら、そこ以外がめちゃくちゃになっているはずだからです。

「そんなことはない」という方は、たぶん、次のようなことが秘密裏に行われているのをご存じないだけではないかと思います。

ライダーに「リアが滑るからスプリングを柔らかくしてくれ」といわれたメカニックは既に持っているディメンジョンデータをもとに車高を変え、イニシャルを変え、ダンパー設定を変えて今までのセッティングが無駄にならないようなスプリングレートと長さを特定できるような、セッティングテクニック(データと経験)をもってしてライダーの発言を活かしつつセッティングの変更を行ったのではないでしょうか?

この場合、そもそも、ライダーが決めるのではなくスタッフにお伺いを立てれば全然別のアプローチになったかもしれないし、あるいは、

「スプリング交換とその他のパーツの設定変更」が約されて「スプリング交換」になってしまったのかもしれません。しかし、これは約しすぎだし、肝心なほうを省くなんて。

 

数字が大事

 

因みに最低限1G、2G、0Gのディメンジョンは計測しておかないと計画性のあるセッティングはできません。

今回の場合はさらに前後のスプリングレートからの縮み具合のデータも必要です。

フルブレーキング時、コーナイング時、立ち上がり時など様々な場面のディメンジョンをもとに、どこをどう変えるか検討していきます。

もちろんディメンジョン+ライディングのセットで組み合わせます。

 

先の1G,2Gのデータですがライダー乗車時と、空車時のデータも区別して計測しておくと、ライダーがバイクの上で何をできるか、その効果などを具体的な数値で予想できたりします。

 

ディメンジョン等の計測ツールを提供しているサイトを見つけました ⇒ Ez Custom Bikes

 

 

 

やっぱりダンパーの話ということで

因みに、スプリング(スプリングレートが柔らかく全長が同じ)だけを交換したら、バンキング時の挙動が変わりすぎて、リアのグリップどころじゃない事でしょう。

これがもしも、そうでもなかったら、そもそも全体のセッティングが適正じゃなく問題はそれ以前ということになってしまいます。

もしも本当にこれだけ(リアのグリップ)の理由でスプリングを変更するにしても、マシンの性格からポリシーからライディングからすべてを考量してじゃないと、その選択に踏み切れないような気がします。

例えばライダー含めた車重に最適な柔らかさのスプリングにイニシャルかけまくった、あまりストロークしないホンダと、だれでも乗れる硬めのスプリングをイニシャルかけずにストロークさせやすくして乗りやすくしたヤマハみたいな(根拠ありません)。このバランスを崩すと完全に迷子になったりします。

なのでやはり今回はダンパーを弱める程度の話にとどめましょう。

ということで現状は、そのまま鵜呑みにしてはいけないけど、じゃあどうすればいいのか、どう理解すればいいのかの回答は無のままです。

個人的には、リアーが滑るのだったら、まずはライディングを変えて、その結果出た不都合をセッティングでどうこう、っていうのが前向きな気がします。

これが本当にセッティングだけで改善するのかは?

 

次回があるとしたら、

このような時に、そもそもフロントがどうなっていて、これをどうとらえて、リアの挙動の改善に結びつけるかということなどを。

 

では。

 

 

このネタの要素はまだまだ山盛りなので、この話は終わったわけではありません。

これだけで1年分ぐらいありそうです。

 

おおよそすべての事象を振動、振幅、慣性などで言い表すことができたりして、それをコントロールするがスプリングなりダンパーなりライディングなので、バイクは面白い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ランダム記事

  1. 例えば左コーナーのドゥーハン乗りは「スライドしてもコントロールできる乗り」です。反対に思いっきりイン…
  2. トラクションをかける トラクションというキーワードについては以前説明しました。(トラクションVSフ…
  3. 見た方に進むと巷ではよくいわれていますが必ずしもそうではないです。 少なくとも考え方としてそう思わ…
  4. トップライダーたちは「絶妙なバランス感覚で暴れるマシンを押さえつけて神業的なハンドル操作を加えている…
  5. やっとテクニック編。 タイトルは今まで書いてきたことと逆みたいですが逆ではなく「ひたすら準備せよ」…
  6. タイトルのとおりです。 マルケスにしろペドロサにしろ、皆さん後ろ乗りです。 ヘルメットが…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

ブログ統計情報

  • 1,473,804 アクセス
ページ上部へ戻る
Translate »