脳は高速で走行すると処理能力が落ちるといわれます。3割とか。
(どこかに正確な情報があれば教えてほしい)

私の場合、スピードが上がるにつれ、視界のすべてが段々劇画調になってきます。さらに進むと白黒です。
最後はあきらめて失神ですかね(転倒時にはあるが、走行中にここまで行ったことはない)。

単純に加速Gや相対スピードによる物理的な脳力低下は、目をつぶっていても同じです(と思います)。
それとは別に目から入る情報により脳力が落ちる場合は、処理が大変な場合と、目から入る情報に恐れおののいて脳力が低下する場合、さらに恐れおののきへの対応で低下する場合があります。
あるいは目から入る情報そのものが処理できていない場合とがあります。

実際はともかく物理的なものを除いた処理能力の低下は、実は処理能力の低下ではなくプライオリティを下げられたと思った方が良いと思います。
脳は通常以上の処理をしてくれているかもしれません、そうだとしたら脳がかわいそうです。

だからどうした、どうする。

だからこそすることを考えないといけません。

目をどう使うかですね・・・続く・・・

ランダム記事

  1. ハングオンは、実はほかのどの乗り方やフォームよりも、安全性が高く、無駄なアクションも少なく、路面やバ…
  2. マシンセッティングの出し方それぞれ 今年は、レギュレーションも変わり、ライダーも移動があり、マシン…
  3. 「進入リアスライド」ではなく、街乗りでも使える「スペンサー乗り風」を紹介します。 だって、街乗…
  4. カメラとレンズの接触不良です レンズの接点を清掃してください
    一眼レフカメラのレンズエラー99の一時的回避方法 最近のカメラは精密機器なので、故障時には直すとい…
  5. 峠の走り方(上り坂と下り坂の違い) 峠とは 峠というところは危険なところです。 無謀、あるいは…
  6. ヤン・マーデンボローの例を出すまでもなくコンピュータゲームはリアルな世界でも役に立つ。 F1ド…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

ブログ統計情報

  • 1,513,149 アクセス
ページ上部へ戻る
Translate »