脳は高速で走行すると処理能力が落ちるといわれます。3割とか。
(どこかに正確な情報があれば教えてほしい)

私の場合、スピードが上がるにつれ、視界のすべてが段々劇画調になってきます。さらに進むと白黒です。
最後はあきらめて失神ですかね(転倒時にはあるが、走行中にここまで行ったことはない)。

単純に加速Gや相対スピードによる物理的な脳力低下は、目をつぶっていても同じです(と思います)。
それとは別に目から入る情報により脳力が落ちる場合は、処理が大変な場合と、目から入る情報に恐れおののいて脳力が低下する場合、さらに恐れおののきへの対応で低下する場合があります。
あるいは目から入る情報そのものが処理できていない場合とがあります。

実際はともかく物理的なものを除いた処理能力の低下は、実は処理能力の低下ではなくプライオリティを下げられたと思った方が良いと思います。
脳は通常以上の処理をしてくれているかもしれません、そうだとしたら脳がかわいそうです。

だからどうした、どうする。

だからこそすることを考えないといけません。

目をどう使うかですね・・・続く・・・


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. イン側に割り込むということ 野放し禁止 絡めば絡むほどよろこんでじゃれまくり。 本人は手加…
  2. MotoGPではブレーキディスクの素材にカーボンが認められています。※ 大変手間もかかり1枚作…
  3. いっそのこと衝突被害軽減装置の装着義務付け
    いっそのこと衝突被害軽減装置の装着義務付け最初からそういうレギュレーションにしておけば一連のトラブル…
  4. 二輪の話です。 とうとうリーンアングルが64度と遠心力(加速度)が2Gを超える時代になりそうです。…
  5. ワルツ踊れます、時間も止まりますよ。 レーサーの場合それはレース中に起きるでしょう。 練習中…
  6. アイルトン・セナ走法【あいるとんせなそうほう】 四輪レースにおいて、マシンと肉体の弱点を補い最大限…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »