シューマッハの鈴鹿のS字の走りは有名ですよね。

コーナリングのスピードコントロールをアクセル全開はままで、ブレーキでコントロールしたそうです。
と簡単に言いますが、実際にそれを鈴鹿でやってみろと言われたらどうでしょうか。

ただでさえ侵入がハイスピードで、ラインも限られている鈴鹿でそれをやってのけることの能力は何ともいやはやです。
アクセル踏んだままブレーキすること(逆もです)の踏力との違和感、トラクションの違和感をものともしないスピード感覚があればこそでしょう。
その辺に関してはTCSは何の手助けもしていないと思います。

シューマッハのこのことについての何か発言は残っているのでしょうか?
練習はどのくらいしたのでしょうか?
点数つけたら何点だったか?
ぜひ知りたいですね。

見た目の凄さより、細かい基礎能力にこそ目を向けるべきではないでしょうか。

では

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 2007年鈴鹿のケーシー・ストーナー
    マシンセッティングを効率よく行うためには、マシンの素性を知り、ライダーの素性も知り、ベーシックなコン…
  2. コーナリング中にステアリン操作ではなくアクセル操作でライントレースを行うことがあります。 これを「…
  3. MFJロードレースアカデミー in MOTEGI
    彗星のごとく現れて目の前の人参になる 彗星のごとく現れる アカデミーを首席で卒業して鳴り物入りで…
  4. レースの観客というのは非情なもので、高度な技術だけではなく、適度な失敗を楽しみにしていたりします。 …
  5. 2015全日本ロードレース第5戦ツインリンクもてぎ
    [caption id="attachment_3976" align="alignnone" wi…
  6. 神は言われました 「時が来るのを待ちましょう。」 焦ってはいけません。 ほぼ全ての事柄に所…

コーナリング, テクニック, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »