シューマッハの鈴鹿のS字の走りは有名ですよね。

コーナリングのスピードコントロールをアクセル全開はままで、ブレーキでコントロールしたそうです。
と簡単に言いますが、実際にそれを鈴鹿でやってみろと言われたらどうでしょうか。

ただでさえ侵入がハイスピードで、ラインも限られている鈴鹿でそれをやってのけることの能力は何ともいやはやです。
アクセル踏んだままブレーキすること(逆もです)の踏力との違和感、トラクションの違和感をものともしないスピード感覚があればこそでしょう。
その辺に関してはTCSは何の手助けもしていないと思います。

シューマッハのこのことについての何か発言は残っているのでしょうか?
練習はどのくらいしたのでしょうか?
点数つけたら何点だったか?
ぜひ知りたいですね。

見た目の凄さより、細かい基礎能力にこそ目を向けるべきではないでしょうか。

では

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MotoGPをライブで


G+では2017年マルチスクリーンライブタイミングを無料提供!

ランダム記事

  1. 大したことではないことが長引くことがあります。 こういうのは当事者ではなくチームが擁護すべきで…
  2. ライントレースをしましょう。 最初はスピード一定でやりましょう。 遅くてよいです。 場…
  3. ブレーキ装置のついていないダートトラッカーではまさしく右手一本にすべてが託されています。 ここ…
  4. 洋書のKindle本を全文Google翻訳する方法 簡単にできないとか言ってはいけない例です …
  5. タイミングの説明として多用されているのに、 肝心のタイミングがあやふやなまま使われている、 荷重…
  6. ハングオフからハングオンへ 一周回ってスペンサー ハングオフからハングオンへ 時代は移り変わり、…

ソースネクスト eSHOP

Translate:

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ 二輪ジムカーナへ


チケットぴあ

ブログ統計情報

  • 1,397,160 アクセス
ページ上部へ戻る