シューマッハの鈴鹿のS字の走りは有名ですよね。

コーナリングのスピードコントロールをアクセル全開はままで、ブレーキでコントロールしたそうです。
と簡単に言いますが、実際にそれを鈴鹿でやってみろと言われたらどうでしょうか。

ただでさえ侵入がハイスピードで、ラインも限られている鈴鹿でそれをやってのけることの能力は何ともいやはやです。
アクセル踏んだままブレーキすること(逆もです)の踏力との違和感、トラクションの違和感をものともしないスピード感覚があればこそでしょう。
その辺に関してはTCSは何の手助けもしていないと思います。

シューマッハのこのことについての何か発言は残っているのでしょうか?
練習はどのくらいしたのでしょうか?
点数つけたら何点だったか?
ぜひ知りたいですね。

見た目の凄さより、細かい基礎能力にこそ目を向けるべきではないでしょうか。

では


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 減速し過ぎに注意。 オーバースピードのリカバリはガッツを試されますが、 減速しすぎた場合のリカバ…
  2. ウォッシュボードとサスペンションセッティング セッティングの考え方 セッティングの解説等が役に立…
  3. ハングオンは、実はほかのどの乗り方やフォームよりも、安全性が高く、無駄なアクションも少なく、路面やバ…
  4. 同じように見えることでも、「オーバーテイク」を手に入れられる場合と、遠ざけてしまう場合があります。 …
  5. 下り坂番長 RR>タイヤと空気圧 登り坂はマシンパワーで制すのに対し…
  6. 集中力の使い所 RR>ストレート 転倒パターン ライバルに追い上げられてハードな時、あるい…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »