フロントスライドを極める

マシンセッティングを語る前に、必要なライディングテクニックをマスターしておきましょうシリーズです。

今回はマルケスでおなじみのフロントスライド走法です。

フロントがスライドしてしまった、ではなくフロントをスライドさせる走法のことです。

これができれば、当然フロントがスライドし続けても転倒済みではなく、転倒中か未転倒で最終的にはそのままの体勢で完全停止することも可能です。

可能というのは、膝では役不足で、ダートトラックでおなじみの鉄下駄を履いた足でなければ摩擦力の調整とバイクのホールドが難しいと思われるからです(膝やお尻では停止する直前にコケてしまうと思います)。

基本の基

ではやってみましょう

やることはコーナリング中の大減速です。

そしてスライドさせます。

まずはコーナリングの限界を超えてスライドさせるのではなく、コーナリング中にフルブレーキ?をしてスライド状態にさせるというところから始めます。

ジムカーナ慣れしていてスライドするまでハンドルが切れる方はそれでもよしです。

ブレーキなしでできることも素晴らしいですがブレーキを使って実現できる方がバリエーション的にも、結果的にラップタイム的に高次元な走りができる可能性は高いということもあるので、両方マスターするに越したことはありません。

 

いうまでもないと思いますが、これは極低速から始めます。

そしてやってみればすぐにわかりますが、タチが強いのでまずはリーンアウトから始めます。

〜中略

そしてスライドができるようになればわかりますが、セッティング的にはリアのセッティングというか調整をしないといけません。

要するに、フロントスライド走法をするためにはフロントのセッティングはどうでもよく、リヤ周りのセッティングがフロントスライドに適したセッティングに必要ということです。

具体的には、リアタイヤの進行方向がフロントタイヤがスライドしてる時の方向に進みたがるようなセッティングをしておかないとうまくいきません。

リア周りが微妙にフロントをプッシュ気味にセットするということです。

そして適したスピード(その他諸々)に合わせたバンク角が存在するということです。

リアがこの様にセッティングされていれば、スライドをやめた時の挙動も最小限ですむ様になります。

 

低速でできる様になったら徐々に作度を上げていくと最終的にマルケスばりのフロントスライド転倒ができるようになります。

ここまでできると、フロントのニュートラル感が体に染み付いていると思うので、マシンセッティング時のインプレがより役立つ情報として湧き出てくると思われます。

 

そして、フロントスライド走法は荷重配分が前乗り(前荷重)が前提で前後スライドとかタイヤのポテンシャルを使い切ることはまだまだできていないことが実感でき、そしてまだまだ速くなれる要素があるといことに気がつきます。※

 

無理だという人には言わせておけば良いわけです。

 

そして、実際にこれができる様になると、そもそも最初にやるべきはこれじゃんという様に思えてくると思います。。。

 

いうまでもありませんがフロントスライド走法の目的はステアリング、またはマシンのニュートラルをライダーが作り出せること、またニュートラルを知っていること、そしてマシンのポテンシャルを知ることが目的です。

ので、現実的にはもう少し低い次元での走行をターゲットにしたマシンセッティングになると思います。

 

タイヤに合わせたマシンセッティングとライディング

こんかいまた明るみに出たのはホンダ寄りのタイヤ、あるいはヤマハキラーのタイヤを作れるということです。

同じものと言っても、たとえば使うオイルの上澄みを使うとドラえもん、沈殿しているのをつかうとドラミちゃんほどの差があるわけです。

バンク時に切れ込み傾向のあるタイプと、アンダー傾向(外向き)のタイプを作り分けることなんてお茶の子さいさいです。

どのオイルを使うかなんてのは、政治の世界なので、どちらでも対応しておく必要があります。

そして毎回どちらになるかわからないときちんと理解しておくことが必要です。

「不調の理由がわからない」というのは浅はかなり。

正しくは、政治的な何かが行われることもありえる、ことを念頭にどっち側に特性が振られたかを見極めることが必要です。

もちろん、ホンダ、ヤマハ、ドカティそれぞれのマシン特性(ライダー含めて)を知っておく必要がありますが・・・

 

そして、たとえばタイヤメーカー曰くのタイヤの特長というものが実にいい加減で正しく言い得ていないことに気がつくことができます。

ライダー(スタッフ)はそんなことに惑わされず、バンキング時の接地面の各ポイントでの摩擦力の相関図を入手(検証)することのほうが先決でしょう。

 

 

※マルケスのそれは「前荷重すぎだろう」ということになり、彼特有の頑張りすぎの状態の時が多い様な・・・

それとは別次元のトラクション抜けした状態でのフロントスライドしてるけど転ばないというのは、低次元すぎるのでふれません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 今年のF1日本グランプリの放送予定 今年から身銭を切れない人を打ち切ったF1ですが、さすがに母国グ…
  2. 前回は雪道の人の歩き方でしたが、今回は四輪。 というか自分にとって、驚きの事実が発覚したので、…
  3. ハングオフからハングオンへ 一周回ってスペンサー ハングオフからハングオンへ 時代は移り変わり、…
  4. 「ベストな走り」の結果、通ったラインを「ベストなライン」とします。 で、人・マシンが進化すれば常に…
  5. 四輪はともかくとして、バランス感覚を求められる二輪において、 耳栓(イヤーパッド)の装着ってどうな…
  6. オブザーバー対策 ミスジャッジ? 「これが失格でなかったらどれが失格になるんだ」 ライダー…

セッティング, ブレーキング, 基本の基

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »